« 憲法改正に関する世論 | Accueil | メリットを説明せずに賛成せよと言われても »

lundi 09 mai 2005

Commentaires

JSF

>そのようなコメントの作成・投稿にあてる
>時間とエネルギーをご自身のもっと有益な
>コンテンツの作成等にあてて頂ければ幸いです。

小倉さん、以前貴方だってあちこちの掲示板に書き込んでいたじゃないですか。自分のブログが大騒ぎになっていたのに、収拾もせずに他人の所で遊んでいたではないですか。

「他人の所で言い訳せずに、自分の所に帰って説明責任を果たしなさい」と言う忠告に貴方は何と返しましたか?

「私が何処で何を書こうと、私の自由です」

・・・過去に自分が言った事が、自分に跳ね返ってくる気分はどうですか、小倉さん。

小倉秀夫

 このBLOGの運営に関するご意見や皆様の私に対する感情・評価等をお伺いする場所としてコメント欄を用いる意向は私にはありませんので、連日その種のコメントを投稿されている方には申し訳ございませんが、その種のコメントはお控え下さい。
 
 そして、そのようなコメントの作成・投稿にあてる時間とエネルギーをご自身のもっと有益なコンテンツの作成等にあてて頂ければ幸いです。

中井亀之助

>運営に対する議論を本来のコンテンツから切り離すというのは、別に珍しい話ではありません

 とのことですが、そもそも小倉さんのコメント自体がこの両者を意図的に混同しているような気がします。
 具体的には、たとえば今回匿名ブロガーを誹謗するために、憲法改正問題を取りあげている(あるいは途中からたまらず混同を始めた)と想定されるということです。
 つまり、とりあげる内容と運営(ブログ運営者による書き込み者への誹謗、その反論に対する削除)が一体化している、ということです。

 「護憲派からの批判が怖くて改憲論を強く言い出し続けられなかった潜在的改憲論者」ということですが、具体的には「誰」のどのようなケースでしょうか。先生の空想なのではないでですか?
 多くの個人は新聞投書なと以外に、意見表明の場は少なく、投書ではご存知のように、新聞社によって非常に恣意的に意見の選択が行われてきました。かりに日常生活で改憲を主張しても、特に脅迫されるとか、いやな目を見る、ということも(マスコミ、学校、官公庁などでは別だと思いますが)ほとんどなかったと思います。
 改憲論者が、改憲論を強くは言わなかった理由は次です。改憲は国民(政治家)の大多数の賛同がなければ実現しないので、護憲政党であった社会党の退潮をまたなければ、護憲・改憲論議が政治的な意味をもちませんでした。ようするに時間の無駄。たんにそれだけのな理由だったと僕思います。

小倉秀夫

 このblogは私が個人として開設していますので、その運営については私が決めます。そして、私は、私のブログ運営(コメント削除等を含む。)に関するメタな議論や適宜削除することとしています。そして、運営に対する議論を本来のコンテンツから切り離すというのは、別に珍しい話ではありません(アーキテクチャーから行為規範を導く見解の方々に対しては、blog主がコメントを削除することが可能なアーキテクチャーのもとではblog主の判断でコメントを自由に削除することは当然に許されるという結論にならないとおかしいはずです。コメンテーターだけがアーキテクチャーが許す自由を満喫し、blog主がこれを満喫できないというのはおかしいです。)。

 私への攻撃が一線を越えたものであるか否かというのはここで論争をしてもおそらくは意見の一致を見ることはないと思いますので、時間の無駄であると思っています。

 コメントスクラムを行う方々というのは、結局、他人が自分の思い通りに動かないこと自体が気に入らないというか許せないだけの話ですから、いくら誠実にお話をしても、彼らに屈服しないと収まりませんので、無駄だと思っています。

鈴

>・過去歴史を見ると、そういうのがエスカレートして殺し合いにまで発展することも少なかったみたいですが、それを望むのでしょうか?

・過去歴史を見ると、そういうのがエスカレートして殺し合いにまで発展することも少なくなかったみたいですが、それを望むのでしょうか?

です、何度も何度も申し訳ありません_| ̄|○

小倉秀夫

 めたかさん、ようこそ

 中古ゲーム問題とか輸入権問題とかCCCD問題とかああいう生活に身近な話題で集まってきてくれる方々の方が、天下国家的な話題がお好きな方々より、まともにお話ができる感じがします。

 私のような洋楽好きからすると、外国人だと言うだけで恐怖感を抱いてしまう人々やフランス語で自己紹介したくらいで傲慢だと言われてしまう世界は理解の範囲外です。

xBB o鈴

またやってしまいましたorz
ほんとすいません・・・

後、コメンツスクラーム=コメントスクラム
  熱湯欲=ネット右翼
です。

BB

 積極的護憲派は、私案程度ですが議論を続けてたと小倉さんはおっしゃっていましたね。
 護憲派を見て引いているのは、積極的護憲派よりも国民です。
 安保闘争にしろ護憲運動にしろ、私の周りの人にしか確認はしていませんが、「係わり合いになりたくない」といって距離を置いていたそうです。
 改正は不必要だから議論に参加しないではなく、参加するととばっちりを受けそうだから、と言う感じです。
 このような状況で「魅力的な改正案を作るための議論」がなされるでしょうか。

 小倉さんがどんなに困難を耐えて魅力的な提案をしたり、そのことについて意見を求めても(改正案が魅力的というわけではないです)「小倉さんに賛同したり意見を行ったりすれば、コメンツスクラームを受けるから」といってみんなが無関心を装ったら、熱湯欲に「小倉さんの提案あきれられてるよ」と言われてしまいます。
 
 >という攻撃なんてだいぶ匿名コメンテーターさんたちから執拗に受けました(というか今も受けています)が、それでも私は言いたいことを言えていますけど、積極的改憲論者の方々はそんなことを怖れて改憲論議をできずにいたのですか?
 との事ですが、
・そのような行為を正当な議論とお考えでしょうか?
・そのような行為が頻発する状況で、実りのある議論が出来るとお考えでしょうか?
・過去歴史を見ると、そういうのがエスカレートして殺し合いにまで発展することも少なかったみたいですが、それを望むのでしょうか?
 
 困難な状況にあっても自分の主張を貫くと言う姿勢は立派だと思います。
 ですが、この場合の困難は障害でしかありません。
 議論においての反論と違い、よい結果を何一つもたらしません。
 発言に責任を持つ必要があるのは言うまでもありませんが、障害は取り除くべきかと思います。
 
 ちなみに、怖いと言うのは私がそう思ってると言うだけであって、政治家なんかの積極的改憲派は、
・改正の必要性を訴える→・反対派が反発して大混乱→・国民は距離を置く&政局荒れる。の悪循環で、「憲法改正は政治的リスクが高かった」という理由かと思います。

 議論のルールを守って円滑な議論をしましょう。ということです。

小倉秀夫

ここは、第三者の委託を受けて開設しているわけではないので、ひどいコメントは適宜削除しています。したがって、コメント残存率の高いJSFさんは胸を張ってください。

ただし、他のコメンテーターに対しても攻撃的なのはどうにかしてもらえると嬉しいです。他のコメンテーターと論争したかったら、自分のblogでエントリー立ち上げて、穏やかな言葉で誘導してください。

JSF

>>主張や意見を批判するのではなくて
>>相手の人格を罵倒したり、印象操作で
>>信用を低下させたり

>という攻撃なんてだいぶ匿名コメンテーター
>さんたちから執拗に受けました(というか今も
>受けています)

???今も受けています???

このブログで何時、誰が貴方を「相手の人格を罵倒したり、印象操作で信用を低下させたりして攻撃」したのです? 具体例を挙げて下さい。少なくとも私は「主張や意見」に対して批判したのですがね。・・・まさか異論反論を「攻撃」等と言うのではないでしょうね? 自分に賛同する意見以外は全て「攻撃」だと思っていらっしゃるなら、小倉氏、貴方は間違っています。

>それでも私は言いたいことを言えていますけど

・・・弁天小僧さんへの反論をここに書かず、MLに流した貴方が何を言っているのです? 相手が反論できないような場所で個人を非難するような行為は卑怯ですよ。

小倉秀夫

> それに対して、罵倒や恫喝がエスカ
>レートした場合、暴力的な方へ発展し
>てしまいます。
> 主張や意見を批判するのではなくて
>相手の人格を罵倒したり、印象操作で
>信用を低下させたり、暴力で相手を黙
>らせるのが、小倉さんの言う「魅力的
>な法案を作るための議論」なんですか?

積極的改憲派は、社会党に代表される護憲派が暴力で自分を黙らせにかかることを怖れて、改憲論議をできずにいたのですか?

なお、

> 主張や意見を批判するのではなくて
>相手の人格を罵倒したり、印象操作で
>信用を低下させたり、

という攻撃なんてだいぶ匿名コメンテーターさんたちから執拗に受けました(というか今も受けています)が、それでも私は言いたいことを言えていますけど、積極的改憲論者の方々はそんなことを怖れて改憲論議をできずにいたのですか?

鈴

>なぜ「議論から外れた攻撃」が「議論においての厳しい反論」と小倉さんが理解したのかわかりません(´・ω・`)

なぜ「議論から外れた攻撃」を「議論においての厳しい反論」と小倉さんが理解したのかわかりません(´・ω・`)

ですね・・・
うう、日本語やばげ。・゜・(ノД`)・゜・。
失礼しました。

鈴

 粛清を恐れない勇気があれば、旧ソ連でも中共でも好きなこと言えますよね。

 議論の上での反論なら、どんなにどんなに厳しくても問題は無いでしょう。
 問題点や不足の部分を指摘され、意見や主張を修正していくのが議論ですよね。
 中には頑固に反対する人もいるでしょう。それを説得するのも議論と言えるかと思います。
 それに対して、罵倒や恫喝がエスカレートした場合、暴力的な方へ発展してしまいます。
 主張や意見を批判するのではなくて相手の人格を罵倒したり、印象操作で信用を低下させたり、暴力で相手を黙らせるのが、小倉さんの言う「魅力的な法案を作るための議論」なんですか?
 売国奴と罵られ、対立する相手から刺されるような国がお好みなんですか?

 私の説明が悪いのか、小倉さんに理解力が無いのか、わざと誤読してるのか・・・
 なぜ「議論から外れた攻撃」が「議論においての厳しい反論」と小倉さんが理解したのかわかりません(´・ω・`)
 そもそも、批判、反論されるのが怖かったら、弁の立つであろう小倉先生に意見なんてしませんよ。

めたか

というか、
木村さんも「炎上で閉鎖」って勝手に書くのもなぁって(苦笑)
元々、小倉さんはcocologにブログを持っていて、
その後にHotWired Japanで企画ブログが始まった、
しかも、最後のエントリで、自ブログへのリンクも貼ってるのに
「炎上で閉鎖」もないでしょう。
(だって、「炎上で閉鎖」だったら、リンク貼っていたら
 リンク先にも「炎上のコメントさん達」がやってきますやん。)
もっとも、
ここが「小倉弁護士を騙る誰か」のブログと思ってらっしゃる方も
おられるようですけど(笑)

しかし、音楽配信メモのBBSの頃から小倉さん自身は何も変わってないのに、
なんか遠くまで来ちゃったなぁって、
ずっと観ている人間としては思います、です。

JSF

>円満に企画を終了させたのであり

昨日の産経新聞のコラムで佐々木俊尚さんが「小倉秀夫氏のブログは燃え上がり、結局四月末に閉鎖されてしまった」と書いていましたよ。

これでは円満終了というイメージが涌かないのですが・・・

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.