« 民事と刑事 | Accueil | 箱根で講演 »

lundi 11 juillet 2005

Commentaires

待ちぼうけ

ブログ主(オーサの意味らしい造語)の返事はまだですかー(みんなの日本語棒読み)。

平田

ヒラタです。

フランス語ではllはジェと発音すると言ってるのに誰にも尊敬してもらえませ~ん。

ヒラタです。
趣味がフランスなのに、法の素人な上にフランスも素人な人に間違いを摘示されたとです。

ヒラタです。
泣きながら一生懸命、反論を考えていたのに
「本 当 に お 世 話 に な り ま し た 。」
と言われてしまいました~。

ヒラタです。
辞書を見れば言葉は理解できると安易に考えていたために「摘示」の使い方を微妙に間違えたとです。

ヒラタです。 ヒラタデス。   ヒラタデスヨ。

非フランス圏

>小倉先生

 私はフランス語が分からないので、投稿欄に突然現れた次のフランス語を"正確"かつ"簡潔"に和訳して教えてください。(日本語向けブログ開設者の当然の責任だと思いますが)

Si vous avez un compte TypeKey ou TypePad, merci de vous identifier

 当地デンマークでは仏和辞典がおいそれと入手できませんのでよろしくお願いします。

Turaw Age

 先祖の国のIT弁護士先生のレベルが良く判りました。これからは地元のブラジル弁護士に相談します。
 今までとてもありがとうございました。もう二度とこのサイトに現われませんのでご安寧下さい。
 
Obrigado, Ogura.
Você está bem IT?
Escreva o seu endereço e número do telefone, por favor.
Tchau! Bom fim de IT!

FR

>小倉先生
 
 コスト削減の基本であるISP登録の銀行委託強制は独禁法に抵触して実現不可能だそうです。
 共通IDをTCP/IPのヘッダにハッシュ値で潜りこませるのは技術的に可能だそうですが(この技術を利用した暗号通信が実用化されてました)、そのオペレーティングソフト変更をパッチ方式でローコストに行う技術も容易だそうですが、マイクロソフト社とMACの親会社が、先生の専門分野である著作権を盾にクビを立てに降らない限り実現不可能と判明しました。
 
 以上はレポートの中間報告ですが、私個人としては、小倉先生に対する最終報告とさせていただきますのであしからずご了解ください。
 私が真摯に計算しても「過大見積もりだ」と根拠なく(名誉毀損罪の免責事由である「信ずるに相当の理由」『なく』あるいは「それを証明する」どころか『説明すらできず』)私を誹謗中傷するだけで、他のコメンテータが先生の立証責任や説明責任を指摘しても、黙殺するだけで誠意が感じられない先生には、一介の企業人としても付き合いきれません。
 
 本 当 に お 世 話 に な り ま し た 。

remainder

Mr.Ogura.
This is remainder speaking.
Are you frgotten?

---------------------------
Hi. Mr.Ogura.
I cam read your comments again.
Hear me ?
Watch my mouse in French comments !
And be coming back your answers in French as soon as POSSIBLE, if you are really able to read & write in French !
Thank you.

Re'dige' par: F.Suzuki | juillet 10, 2005 09:23 PM
---------------------------

中井亀之助

まさに世界最高のブログのひとつですね。意見だけでなく、彼の行動がその源泉となっています。

5月10日の彼の記事。「そしてスタンフォードCISの大勝利」
http://blog.japan.cnet.com/lessig/archives/002075.html

是非、このエントリに対しても先生のコメントをいただきたいのですが・・・

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.