« 奈良へShort Trip | Accueil | マスコミ対応する人の必要性〜法改正等に向けての運動論として »

mardi 28 février 2006

Commentaires

Hideo_Ogura

 国会で決まったことは、それを覆すことが国会で決まらない限り、これに従うのが原則です。国会で決まったことに従わないという選択もありますが、それは非常にリスクが高いので、他に選びうる手段でそう悪くないものが見いだせるのであればそちらを選択することを真剣に検討します。
 経過措置期間の経過が目前に迫っていて、かつ、この問題に関心を持ってくれている国会議員は議員立法を提案することすらできないほどにごくわずかであり、しかもいずれも野党議員であるという現在の政治状況の中では、件の法令が経過期間経過前に改廃される可能性が低いと見るのが相当であり、だとすれば、件の法令が改廃されないことを前提に、何がよりベターかを模索するのが、件の法令により影響を受けるかも知れない業界の人がとりあえず取るべき行動指針でしょう。

sakimi

ああ、つまり小倉先生は国会で決まったことは受け入れるって事で解釈でよいのですね?

しかもPSEの名称を出さない辺り、PSEの問題がどちらに動いてもいいって逃げですか?
著作権を重視する弁護士であれば製作者側に立った弁を出すべきだと思うのですけれども、それすらしないのは逃げと見ていいですか?
上記を否定するのであれば、あなたは公文書として提出する文章は、OSとソフトウェアのバージョンはそれぞれ幾つ以外の組み合わせは受け付けないと言われて受け入れるのでしょうか?

まあPSEマークが付いていない製品に付いては、品物は0円で梱包量他を足すと今までの価格と同じレベルで落ち着くと思います。
それでクレームを入れる人間もいないだろと予測できますけれど。
それで問題が出たら先生に相談させていただきます。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.