« 逆転現象 | Accueil | 何はともあれ「論破」したい人 »

mercredi 19 avril 2006

Commentaires

憑依

 先生のロジックだと、(受け手が不要にも関わらず)送り手が送り手の情報を積極的に開示した以上、次は、受け手が求める「送り手が何を言ったかが問われる」ことになるのが自然です。このとき受け手が「送り手が何を言ったかの内容」について、質問したり批判したりすることは想定の範囲内で「送り手の説明責任」も生じますから、この質問や批判を無視することは、送り手にとってワーストの対応ではないでしょうか。
 もちろんワースト中のワーストは、質問や批判をバッサリ削除して亡き物にしてしまうことで、質問や批判を拒否する以上の不信感や……などを周囲に抱かせることになるでしょう。

佐藤

そうですね。
どうしてそんなに煽りエントリばかり書くのか、ちょっと生い立ちを教えてもらえますか?

irose

>膨大な情報をスクリーンする必要のある「受け手」もいる
のは
膨大な情報をスクリーンする必要のある情報である
時であるという基本的な観点が抜けてませんか?

 このエントリの論理だと、
楚人に「その盾をその矛で突いたらどうなる?」とたずねる際に名乗らなかったことはワーストな態度といえそうだ、
ということになりますが、
楚人が「名乗れコノヤロー」と言い、さらにそれに応えて名乗ったとしたら、何が違っていたんですか?
というアンチテーゼが突きつけられます。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.