« 何はともあれ「論破」したい人 | Accueil | 電子掲示板における広告主の責任 »

vendredi 21 avril 2006

Commentaires

U-me

> 粘着君の投稿を防止することがブログ主にとって簡単に実行できることなら、町山さんにその方法を教えてあげればいいのに。

答:そういう機能があるブログサービスに乗り換える

まあこんなことは町山さんぐらいなら教えられるまでもなく知ってるわけです。
ホワイトリストを使えばいい、とかそのぐらいはね。
町山さんはそういうことよりはたまに荒らしがくるけれど普段はオープンな場を選んでいる、それだけです。町山さんはタフですからね(タフという以前に喧嘩っぱ…いえそのゲフゲフ)

コメント欄を一時的に閉じるのは不本意でしょうが、小倉さんのように大事には捉えてないでしょうね。(というか捉えているのならもうとっくにはてな以外のサービス使ってるでしょう)

そういう一時的な対処は当然のことである、というのが10年以上前からある当たり前の荒らし対策というやつですよ。恥でもなんでもありません。近くで泥棒が入ったからいつもより気をつける。その程度と同じことです。

ところで

> はてなが実名登録制度を強行して一人一id制を厳格に適用できていれば、はてなダイヤリーに関して言えばidによるブロックが可能だったわけです

これはもし河上イチロー氏がはてなを使っていたら松永英明氏ははてなを使うのをあきらめろ、ということでよろしいんでしょうか?

佐藤

それは気の毒な話ですね。
でもあきらめるにはまだ早い。seesaaではコメントを承認制にできるそうです。
http://blog-tour.seesaa.net/article/9015414.html

irose

> 暇をもてあまし、羞恥心を麻痺させてしまっているかわいそうな人たち
これは実名の人間を含みますか?

サスケット

超簡単です。
小倉さんの言う共通ID導入より、という程度の条件付でよいのであればものすごく簡単です。

>もし、そうお考えでなければコメント欄は先生が思うがままに、「まともな読者」(投稿を確認してその人のIDのみ許可して)との交流の場にしてしまえばいいとも思うのです・・・

boldさんにあやかって実例を上げますと、

mixiのようなクローズドな環境で最低限、コメンターのWriteを許可制にする。

以上。
この条件であれば交流はあきらめられていません。
別に全部にIDをつける必要はなく、書き込みを行うものにのみIDをつける――いえ、それすらもいらないかもしれませんね。書き込み可能という属性を与えられるのは信頼している人間だけなので。

発想の転換です。

>はてなが実名登録制度を強行して一人一id制を厳格に適用できていれば、はてなダイヤリーに関して言えばidによるブロックが可能だったわけですが、


×信頼できないものをブロックする
○信頼できるもの以外をブロックする


厳密なIDの登録など不要です。
PGPの考え方に通じるものがありますね。
小倉さんの言う『(信用できるものなら)IDでブロックする』のがアリなら、「(信用できる)IDでスルーする」のもたいした問題ではありません。

良心に期待なんてあやふやなことはしないでよろしい。

bold

法律の素人(かつ納税者)として言えば、町村さんのおっしゃることには法曹の方にはこういう風に発言してほしい、というほぼ全てがつまっています。

冷たいとかではなく、実名の表現者として、粘着とか、批判とか、謂れなき憎悪とか(原因がある憎悪がほとんであろうが)を受け止めたほうがいいかもしれないですし・・・もし、そうお考えでなければコメント欄は先生が思うがままに、「まともな読者」(投稿を確認してその人のIDのみ許可して)との交流の場にしてしまえばいいとも思うのです・・・

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.