« 「愛国心」の効用を実証的に検証する必要 | Accueil | 名誉等の侵害に立ち向かう勇気 »

mercredi 24 mai 2006

Commentaires

忙中閑人

> ただ、昨今の市場原理主義者は、他人について、既存の保護法制を剥がして市場競争の荒波に晒すべきことを主張しつつ、彼らが経済合理的に行動しないことを勝手に期待してしまっていることが往々にしてありますので、そこはちょっと注意が必要かなという気がします。

このロジックは使わないほうがいいですよ。

 ただ、昨今の実名原理主義者は、匿名について、既存の保護法制を剥がして実名競争の荒波に晒すべきことを主張しつつ、これを強制する共通ID制度が経済合理的に行動しないことを勝手に期待してしまっていることが往々にしてありますので、そこはちょっと注意が必要かなという気がします。

ほらね。

煙感知器

>経済合理的に行動しないことを勝手に
>期待してしまっていることが往々にし
>てありますので
「あいつら,刑事弁護は弁護士の崇高な責務だって言ってるんだから,引っ込みがつかなくて,結局は報酬のことは泣き寝入りしてやるんだ。だから放っておけばいいんだよ。」ということですね。

まぁ,研修所の弁護教官事務受託者(弁護教官というのは存在しない)の扱いを見れば予想はつきますが。これも後進の養成は崇高な職務だという義侠心にタカっているようなものですから。だから「懲役4年・罰金数千万」と言われるわけで。

「事務所を畳んで専従で仕事をしてくれれば,教官としての処遇は出来る」
(By金築誠志研修所所長(当時))

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.