« 恩赦は過去の行為を正当化するものではない。 | Accueil | 「ご忠告」は一応承っておきますが »

jeudi 08 juin 2006

Commentaires

弁天小僧

 端的に一言。このブログは止のるのが(人の目に触れなくするが)世のため人のため。引いてはご自身の為。
 久々の投稿ですが、そう思いました。理由はいまさら語る必要もないでしょう。
 見ないというのも選択肢の一つです。どうするかは、みなさんのご判断で。

小倉(コクラ)秀夫です

僕は歴史が苦手なので皆さんのボランタリーに徹して情報提供します。文字数が少ないので誤読王さん達も誤読したり争点が判らないとおっしゃることもないと思います。
 
【IT弁護士】名誉回復は東京裁判の再審で【えっ】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1149737046/3

3 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2006/06/09(金) 00:08:18 ID:0Lfg7sF7

「極東国際軍事裁判所条例(憲章)」には、上訴手続きも再審手続きもありません。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPUS/19460119.O1J.html
しかも、平和条約第11条により、極東国際軍事裁判所の裁判(判決の意味)を受諾している。
だから、平和条約の第11条を破棄又は改正しないと再審はできないように思います。

irose

>「お尋ねの『名誉』及び『回復』の内容が必ずしも明らかではなく」
これ答弁書ですけど、
これと対になってる質問主意書(民主党・野田佳彦)とセットで読むと、
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a163021.htm
助詞「の」は同格じゃなく連体格だととるのが順当です。
野田氏による「回復された/されない」の基準が「ならば」「ならば」と軸が無くてよくわからないんで、それを指してるんでしょ。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.