« 急ぎの電話取材なら午後5時前に! | Accueil | ロシアにおける日本に関する陰謀論 »

samedi 22 juillet 2006

Commentaires

サスケット

>各事業者が、「被害者に泣き寝入りをさせない」ための実効的な対策を講ずればいいのです。

なるほど、それならばよい案です。
このタイトルに即したところから行くのなら、できるところからということで、まあ、やっぱり下ですでに出ているな(笑)プロクシをはじくとか、できる策はいろいろありますからね。

Hideo_Ogura

 私の提案では、共通ID制度を採用しなくとも被害者が泣き寝入りせずに済む制度を各事業者が採用すればそれはそれでよいのです。匿名発言によって第三者の権利が侵害されることがなければ、そもそも「肩代わり」すべき損害が生じないのですから。そういう意味では、私の提案の元では、各事業者が、「被害者に泣き寝入りをさせない」ための実効的な対策を講ずればいいのです。
 

サスケット

>サスケットさんが何をされていてどのような技術能力をお持ちなのか全く知りようもないので、サスケットさんはTypeKeyに関して間違った説明をしないと信ずるべき合理的な理由が私の側にはありませんので、ご自身のブログでおやり下さい。

私は【望むなら】と述べたはずですよ。
未読王なのはよくありませんね。
望まないならばやらないのに、理由が【望まない】ではなく、【間違ってる説明をされたら迷惑】というので、根拠はどこから来たのだろうねということです。
 
小倉さんはいつもそういう根拠レスな発言で失敗していますから、友人としての忠告だと思ってください(苦笑)

サスケット

>これに対して、私の提案では、ID発行会社は、ID保有者の氏名・住所を確実に把握する。これが最大の違いです。


それは最低限の違いであり、
それ以外の違いがないと、それは最悪の違いになってしまう。

とりあえず、最低限ID保有者の氏名・住所を把握するけど、簡単には見せませんよ、というところで回避しましょう。

問題はすでに述べたその次です。
【自己の存在を証明するためのID】と、【追跡するためであり、かつプライバシーに気をつける(ある程度存在を隠す)ID】はイコールではない。

最大に必要な違いはここですよ。具体的にどうするかはいえなくても、「隠せる」能力を如何に保持するかが「ような」の部分に持たせなければいけない最大です。
 
 
アナタはそこを間違えている(びし)なんちゃって(笑)

Hideo_Ogura

 サスケットさんが何をされていてどのような技術能力をお持ちなのか全く知りようもないので、サスケットさんはTypeKeyに関して間違った説明をしないと信ずるべき合理的な理由が私の側にはありませんので、ご自身のブログでおやり下さい。
 といいますか、ご自身のブログではできないような、無責任な説明をされるご予定なのですか?

サスケット

>私の提案は、共通ID制度の採用を義務づけるものでもなければ、共通ID制度を採用しない場合に罰金を科すものでもないので、共通ID制度を採用するためのシステムの構築・運用にかかるコストよりも、匿名の卑怯者が第三者に与える損害を代わりに賠償する方が安上がりならば事業者はそちらを選択するでしょうし、匿名プロクシや無線LANのただ乗り等を封ずる措置を講ずる(そして漏れた分については匿名の卑怯者が第三者に与える損害を代わりに賠償する)方が安上がりならば事業者はそちらの方を選択するでしょう。

それは不自由な二択ですな。
裏を返せば、「肩代わりしたくなければ」という威嚇でもあります。

もちろんそこでいつもの小倉さんなら、そんな思い負担を被害者に負わせるのか?ということをおっしゃると思うので、別の言い方をして見ましょう。

×共通ID制度の採用
×匿名の卑怯者が第三者に与える損害を代わりに賠償する方
○プロバイダとしての責任を満たす範囲のなんらか。

要するに、どこまでやったら責任を満たしているのかということです。
IDをとらない=責任を満たせないから賠償なんて、共通IDさまを過信した妄言にしかなりません。
二者択一ならぬ、第3の選択があれば崩れる程度の安い妄言です。
更なるオルタナティブが存在すれば崩れてしまいます。
 
そして、そのオルタナティブな方法は…まあ、2つ前に長々と述べたのでそっちを見てね(笑)

Hideo_Ogura

 現在のTypeKeyでは、登録者の氏名・住所が確実なものとして把握されていないので、TypeKeyの発行会社は発信者情報を開示しようにも開示のしようがない。これに対して、私の提案では、ID発行会社は、ID保有者の氏名・住所を確実に把握する。これが最大の違いです。
 

サスケット

>現在のTypeKeyについての間違った説明

とんでもない、私、勉強がてら Movable Typeのソースまで一通り読んでいますから、根本的に間違うことなんてありえませんよ。

なにを根拠にそんなことをオッサルのかわかりませんが、説明がないのは不親切なのではないのでしょうか。私の談ではなくて小倉さんの談でね。

そもそも、現在のTypeKeyについての説明は、先のポストでは行っていないですし、そう判断する根拠が希薄なのですが。

例によって根拠レスの印象ですか?
そういうのはやめたほうがよいと思いますということをここに繰り返し(笑)

私自身可能な限り根拠はつけて、そう、「小倉さんには消耗戦で負ける」という雑談にすら根拠をつけているはずですが(苦笑)

Hideo_Ogura

 私の提案は、共通ID制度の採用を義務づけるものでもなければ、共通ID制度を採用しない場合に罰金を科すものでもないので、共通ID制度を採用するためのシステムの構築・運用にかかるコストよりも、匿名の卑怯者が第三者に与える損害を代わりに賠償する方が安上がりならば事業者はそちらを選択するでしょうし、匿名プロクシや無線LANのただ乗り等を封ずる措置を講ずる(そして漏れた分については匿名の卑怯者が第三者に与える損害を代わりに賠償する)方が安上がりならば事業者はそちらの方を選択するでしょう。それだけの話です。共通ID制度を採用しない事業者が残ったときに、そのことを奇貨として、そこで匿名の陰に隠れて誹謗中傷やデマの流布を繰り返す人々が多ければ、その事業者は淘汰される。そういうところでは誹謗中傷やデマの流布は差し控える程度の理性を皆が持てれば、その事業者は生き残る。それだけのことです。

sakimi

では「現在のTypeKey」と「共通ID」の差について解説していただけませんか?
一番重要な部分であるここがあやふやなので何時も堂々巡りになっていますので

Hideo_Ogura

現在のTypeKeyについての間違った説明を私のブログのコメント欄でされても迷惑なので、やりたければご自身のブログでどうぞ。

サスケット

> 現時点でTypeKeyのような技術が実装されているのにIDの共通化ができないと言われてもあまり説得力はないですね。まあ、それは技術者としては恥ずかしい話なので「匿名でなければ語れないこと」になってくるのでしょうけど。

技術的なオハナシをされたいのならむしろ大好きなので始めますが?
「TypeKeyのような」の、「ような」を無視して、「共通IDにTypeKeyを使った問題点」の話なら現時点でもできるのですが、やりますか?
 
なんでしたら「ような」の部分の要件なりとも説明していただければもっと詳しくオハナシ出来ますが?お望みならやりますから、「お望みだ」といってくれるか、「ようなの部分の解説」をしてくれれば語りますよ。

なお、前者だとTypeKeyそのものについて語りますから、余りお奨めしませんが。『私の「ような」はそんなものじゃねえ』と言われるのは目に見えていますから、曖昧なままそういう不親切な説明を繰り返してもお互い不幸でしょう。後者(ようなの部分の解説)をお奨めします。
 
 
まあ、前にも言いましたけど(苦笑)
 
 
 
 
------------------------------------------------------------
 
 
 
 
>現時点でTypeKeyのような技術が実装されているのにIDの共通化ができないと言われてもあまり説得力はないですね
>TypeKeyIDを勝手に流用することはできないということなので、その種の認証技術を用いることは現時点でもそう難しくはないと思うのですが


消耗戦というからには私向けの発言ですよね、多分。
であれば、言っておきますが私の考えで言えば「認証技術を用いること」だけであれば現時点でも可能と、私も述べていますよ。消耗戦でしか勝ち目がないので聞かなかったことにして同じ事を繰り返しているのですか?(苦笑)
IDの共通化も可能だと私は述べています。
 
 
『『『安易なIDの共通化が問題だといっております』』』
 
 
やあやあ、小倉さん。あまり同じ事を言わせないでください。消耗戦には小倉さんより弱いんです(笑)
読んでないのならいいのですが、読まずに批判なんて何処の卑怯者ですかということになるし。
 
 
私が言っているのは、用いた後。導入した場合における問題点ですね。

単純にTypeKeyでは駄目ですし。プライバシーだとかなんだとか。
そういえば小倉さんが私がその辺問題視した時にドーデもいい話だと否定されたのではないですか。私が「小倉さんが言うような技術的に不可能」というくくりで消耗戦を狙っていないことは明らかでしょう。その辺町村産も問題視していた内容だったはずですし、匿名のサスケットのみが繰り返し言っている内容ではないですよ(笑)
印象操作で、捏造繰り返して消耗戦を試みられると私不利なんですよぅ(苦笑)


>消耗戦でしか勝ち目がない方々は何度でも同じことを繰り返しそうな気がします。

ああ、新定義。ナルホド消耗戦の定義というのは、発言回数ではなく、同じ事を繰り返すことだったのですね。

では、なおのこと小倉さんには敵いません。
回数でも敵わなければ、繰り返しでも敵いません(笑)
 
 
町村さんがいくら否定しても「それは匿名の卑怯者擁護ですね」と繰り返して「小倉さんはバカではないから理解していないのではなく、わざやってるのだろう」みたいなことを実名どうしで言われちゃった小倉さんには敵うわけないですよ。
てっきり違うと思ってたんですケド、新定義では小倉さんのアレを消耗戦というのですね(笑)
 
では、言わせていただきますがいくら消耗戦でしか勝ち目がないからといって、そういう韜晦は卑怯だと思うのでやめたほうがいいですよ。
自覚症状があったのなら町村さんにも謝っておいた方がいい。私に謝る必要はないですから、ははは(笑)
 
 
 
------------------------------------------------------------
 
 
 
しかし結局私の疑問点は晴れないな。
私の疑問の意図を理解していますか?

他所の国に『その種の認証技術を用いさせる』ことができる強制力があるのかという事ですよ?
もっと言うと、というか繰り返し言うと下記の(2)を無視して(1)に責任を負わせることができるのかということです。
(2)に責任を負わせることができるなら、「現状維持」でも海外匿名プロクシサーバの問題は解決しますよね?そういうことです。
共通ID様が技術的に不可能だとかは言ってないんですよ。
 
わかりますよね?
私の話は『国内でIDの共通化ができた前提』で『海外に"どこまで"押しつけ可能か?』という疑問点なのに、回答?が『IDの共通化ができないと言われてもあまり説得力はないですね』では、全く意味が通じない。
私は(いろいろ目をつぶった上で)『(国内では)出来た』前提で話しているのですから、その前提と違う話をされても、全然説得力はないですね(笑)
 
 
 
もしかしてコレも消耗戦狙いでわからないふりをしているのですか?
それとも私への回答ではないのかな?別に回答しなければいけない種類のものではないので、「おまえ向けじゃない」というならそれでいいんですけれど。
あるいは本当にわからないというのであれば、何度でも説明しますが。
 
 
------------------------------------------------------------
 
 
>なるほど、警察に相談に行けば、匿名プロキシサーバを提供しているフィリピンやらメキシコやらの業者からIPアドレスの開示を受けてくれたり、踏み台にされている無線LANの設置者のところに行って過去に遡ってアクセスログの保存をしてくれたりするのですね>弁天小僧さん

語るに落ちたとはこのことですよ?まずくないですか?
この小倉先生の疑問への回答としては、出来なければそういう日本法の適用を考慮するという可能性もあります。
これでいいのであれば、フィリピンやらメキシコやらの業者に、これからでもIPアドレスの保存やら、開示やらをお願いすればいいのです。

逆にお願いできないようなら、共通IDだって余計無理なのではないですか?

まあ、警察にいく必要はないと思いますが(笑)警察の部分だけへのツッコミだったら別に言いですケド(苦笑)裁判所なのかな?この場合。
 
 
--------------------------------------------------

>IPアドレスをもとに発信者を追跡する方式だと、匿名プロクシを利用されたり第三者の無線LANを踏み台にされたりした場合には、警察が本腰を入れてくれない限り、法を犯さなければ被告=発信者を特定できない

ええ、そうです。(別に警察に限ったことじゃないと思いますが)
おそらく、謎ドリー夢の共通IDを用いても不可能だと思います。

手段としては…ええ、わかりやすく具体的にしましょう…こうです。

(1)どこぞの素人の設置している無線LANを踏み台にします。
(2)共通IDを用いる義務のない国の掲示板に誹謗中傷を書き込みます
 
 
いじょう。

この時、【共通IDを用いる義務のない国の掲示板に責任を負わせるべき】なのかよくわからんというのが一つ。負わせるなら【どこぞの素人】でしょう。

しかしてここに解決策が一つ。
そして【どこぞの素人】の責任にしてしまうなら、IPアドレスでもいいわけですな。
小倉さんが言うには、【海外サーバ宛でも開示請求は出来る】ということなので、

【共通IDを用いる義務のない国の掲示板】のサーバ⇒使用された匿名プロクシサーバ⇒プロバイダだとか⇒【どこぞの素人の設置している無線LAN】

の順で手繰り寄せることが出来ます。


さて。
私はここで、あえて【共通IDを用いる義務のない国の掲示板】にポストを行いました。

何故か。

国内の掲示板は前提上共通IDが採用されているからばれちゃうからですね、いいですね?
つまり、この時点で共通IDはタマヨケとして機能しています。

ならば。

取り立てて、新しいことをしなくても、良くある対応法でタマヨケを作ってしまえばおんなじですわい。

わかりやすいところで言えば、コクラさんの、

>○匿名プロクシは2ちゃんねるのようなシステムで弾く
>○構内LANのただ乗りは判明したごとに個別アクセス禁止で対応する

等も考えられるでしょう。
このあたり、素人さんによる無線LANの導入に制限を掛けるの?と言う問題もありますが、そもそも【どこぞの素人の設置している無線LAN】のせいでというなら何らかの規制は必要になるでしょう。

故に疑問点が重要なところとなってくるわけですけれども。(IPを出してくれるけれど共通IDをくれない業者は責任をとるべきか?)
 
 
 
さて、さて。
では、ソレであればIPアドレスじゃなくてもいいじゃないか。共通IDでも似たようなものだ。
IPアドレス使っても共通IDでも出来ないことは出来ない。出来ることは出来る。ならばどちらを使ってもいいじゃないか。
 
 
そのとおりです。
単純に計算してもIPアドレスだけではない。IPアドレス+α(共通ID)。
ならば 単 純 に 95%を99%にしているので あ れ ば 、やった方(共通ID使ったほう)がましといえるはずです。
 
 
故に。
だからこそ私が反対している理由としてまず一つ。
つまり、マイナスの存在です。


IPアドレスでは た ま に し か 問題にならないポイントが、共通IDでは問題になってしまうということ。
具体的には【強制的に】IDを相手に伝わることによる、情報の関連付けです。
 
#たまにしかというのは、固定IP使っていたら似たようなことになるから。
 
 
やはりこの手の問題点の対策は必要なんじゃないの?という話は結構出てきます。技術屋だったらまあ、最低限は考慮しておくべきですね。一般常識としても気をつけておいたほうが言いですが。
あ、一昨日にも出てました(笑)

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/hoshino08/hoshino02.html
>この脆弱性の場合、有効なメールアドレスのリストを取得できるということだけが問題なのではなく、提供しているサービスの内容から、メールアドレスの所有者の趣味・し好と対応付けられてしまうことが大きな問題となる。攻撃者は、これを利用して趣味・し好に合わせた内容のスパムメールを送信したり、正規のサービスを装ってフィッシングなどを行ったりということが可能になるのだ。
>また、攻撃者があらかじめ有効なメールアドレスのリストを所持していた場合、それぞれのメールアドレスをWebアプリケーションに投入することで、どういったサービスに登録しているのかといった情報と簡単に対応付けることが可能となってしまう。
 
 
 
私が以前から言っている、IDによる連結の問題点というのは、まあ、こういう感じのもんと思ってもらってもいいですね。
メールアドレスを共通IDに取り替えてもらえればいい。
 
だから、以前一つの考え方として、IDをランダムにしてわかんないようにしてしまうというなら、まだまあ、考えられなくもないかな、と述べたわけ。OK?
だというのに、小倉さんの意識としては、もう漏れているからイマサラ的な考え方でおられるので、私は「そこの反省が必要ですよ」と何度も言っているわけですな。OK?
 
 
ちなみに、高木さんが以前可能と言って居たけれど、「(共通IDの導入が)全部である必要はないですね」と言っているのはここです。
自ら、名前を明かそうと思っているサービスがあるのはいい。
そこで共通(?)IDを導入するのは良いでしょう。

『『強制的ではなく、自分の意志で伝えているのですから、問題にならない』』

しかし、全部でそれをやってしまうと「明かすことを望まないなにか」が漏れてしまう危険性をはらみます。
 
 
ということで、私が、実名の開示サービスの利用は選択できて構いませんよね?と念押ししたところ、
匿名の卑怯者は、開示しない方を選ぶので被害者が泣き寝入りして駄目です、と答えられたわけで、
高木さんが【全部に導入しない意味】を小倉さんは全く考えていないということがわかってしまったので、それは反省すべき点だと何度か指摘しているわけですな。
せめて、解決策が出ないまでも「そこは何らかの形で考慮したいと思います」と目標を述べてくれれば、まあ大丈夫だろうと思ったのですが、考慮しないと明言されては問題点ですと断言することしか出来ない(笑)
 
 
 
そんな意識では星野君(@IT参照)の苦労が水の泡ですよ(笑)

憑依

 現実にあったさるマネロン事件の結末からインスパイアされた近未来のシナリオが怖くなったわ。

 平成25年、ついに小倉先生の長年の努力が実って国際条約に基づく世界共通ID制度が強制導入された。
 日本人N氏が、「勝訴の見込みがないとはいえない」という開示要件に基づき「卑怯系臆病者!」とN氏罵倒した投稿者の共通IDの強制開示を受けようとしたら、当該ブログは「どっとTV(dot.tv)」という名称でサーバ所在地はツバル共和国であった。ツバル共和国裁判所に宛てて日本のIT高裁開示部が、「どっとTV」のログ及び共通ID開示命令の執行嘱託を行い、ツバル地裁の執行官が「どっとTV」のサーバ所在地に行ったところ、そこには、レンタルサーバ管理会社から「どっとTV」が借りた転送用サーバがあるだけで、サーバ内のデータは逐一地中海のキプロス共和国にある「どっとTV」本社のサーバに送られていることがわかった。そのため、IT高裁は、キプロス共和国裁判所に宛てて同様の執行嘱託を行い、そこの共和国裁判所執行官が「どっとTV」本社へ開示命令の執行に駆けつけた。
 ところが「どっとTV」本社の社長は、サーバ内のログと共通ID記録を全部開示したものの、1か月前までのものしか残っておらず、1か月前の停電でそれ以前のログも共通IDの記録も消滅したと申し立てた。そこで、その執行官は共通ID条約のログ保存義務違反の行政罰条項に基づき、同社の営業禁止命令を発し、共通ID開示不能な場合の連帯責任条項に基づき、同社の資産を差し押さえようとしたが、そこにあるサーバも目ぼしい家具や備品も社長自身までも全てレンタルで、同社特有の資産は何もなかった。
 同社の利益は同社の国際経理部と称されるアフリカのコートジボワール支社に全部送金されていたことが判明したので、執行不能の連絡を受けた日本のIT高裁は、コートジボワール裁判所に同社の資産を差押える執行嘱託を行った。ところが、コートジボワール司法官が同支社の所在地に向かったところ、同支社はペーパー支社で、机1セットと電話1台が残存しただけで、国際送金と国内郵便為替を経て送金された「どっとTV」の全利益は所在が不明となっていた。
 結局、N氏が日本のIT高裁に預託した執行予納金150万円は、次々とカラブリに終わった諸外国嘱託執行費用に全額消え去った。
 その数日後、意気消沈したN氏の下に、今回の民事手続を依頼した代理人弁護士から1通の手紙が届き、N氏が開けてみると「着手金50万円だけでは日当や必要経費の総額に23万円足りないので振込ををお願いします。」という文面の下に国際法曹ネット銀行の口座番号が記載されていた。
 共通ID制度の鳴り物入りの導入と華々しい賛辞の陰に隠れて、損害賠償金の取りっぱぐれや費用倒れどころか、国際民事手続き費用で大損害を被って泣き寝入りする被害者が次々と誕生した。

 小倉先生ねえ。こんな悪魔のシナリオにならないように、立派な法律をお願いよ。

平田

 結局のところ、共通IDというのがプロクシ経由のアクセス以外についても有効であるという説明は何も出来ていないですね。仮にプロクシ経由のアクセスというものが無いとした場合は、共通IDというものは不要であるということは認めていただいたということで宜しいですね。

 私が不思議なのは、 Hideo_Oguraさんの主張は、誹謗中傷などに苦しんで泣き寝入りする被害者をなくす事の筈なのに、プロクシ経由のアクセスをした人が誰なのかを確認(特定)することの方に執着していることですね。目的が被害者をなくすことだけであるならばプロクシ経由のアクセスを何とかする方が明らかに簡単であるのに、それでは駄目だと考えているのは何故でしょうか?
 寧ろ、なくす事よりも増やしたいと思っているような気がしてならないのですが。

U-me

ついでで

> 私のブログのコメント欄で共通ID構想に文句をつけている方を見ると、彼らはそういう大人の社会の論理を共有せずに生きているのだなあと感心してしまいます。

いえいえ。こちらのブログにコメントしてる人たちもまた「できることからこつこつと」やってる人たちなんですよ。小倉さんにはわからないだろうけど、「トンデモさんにちゃんとつっこんでおくこと」って意外に社会的に必要なことなんですよ。

トンデモさんを駆逐することはできないけど、できないからといって放置が正しいかというとそれもまた回答の一つだけど唯一の正解ではない。そゆことですよ。

U-me

> 他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、違法な情報発信者をIPアドレスから確実に追跡して下さる業者がいらっしゃるようでしたら、そこに調査業務を発注することも検討させて頂きますので、ご教示頂ければ幸いです。

確実に、とは言いませんがまあとりあえずそういう追っかけてくれる業者と言ったら例えばこちらですかね
http://www.nda.co.jp/

※ちなみに私の昔のバイト先もそういうことやってました。

ところで小倉さん。
小倉さんがいくらばっくれようとも例えば「共通ID構想が発信者の追跡方法としての精度が高い」なんて発言の根拠を探してきてくれたり小倉式共通ID案のまとめ的エントリ作ってくれたりとある人の「一人コメントスクラム」が小倉さんのコメントスクラムの定義に合致するのかどうか判定してくれる業者さんっていないもんですかね?小倉さんも必要でしょ?こういう業者。

VUPstar

 文字ヅラ追うだけの誤読さん達は、言葉のまぜっかえしとしか理解できなかったようだけど、これは技術屋としての本音(根本的疑問)だよ。
 
>他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、違法な情報発信者をID認証システムで確実に追跡して下さるシステムをご存知でいらっしゃるようでしたら、小倉先生のパブコメの補強になるので、ご教示頂ければ幸いです。
 
 実際これが実現できたらノーベル賞ものの画期的新発明だよ。俺にはFRさんの猿真似でTCP/IPの改造以外に技術的回答が出せなかった。小倉先生のご検討を祈る。
 
>実際に実現するか否かは、見積金額を頂いた上で個々の積算の妥当性を検討しなければいけませんが、相当のコストを支払えば技術者が頑張ればできるはずと小倉先生がおっしゃったことがあるので。
 
 実際に導入するとなれば、日本の国民総背番号制のDBシステムやUSAの社会保障番号DBシステムの構築になるから、俺は技術屋として参加してえな。だけどこんな大規模なDBシステムは通信制御だけで死にそうになるんじゃないか。費用は国民総背番号制の導入時に数百億円の予算が付いたという記憶がある。USAの社会保障番号制度は管理運営に年間数兆円(ドルじゃねぇよw)、という日経新聞の記事を数年前に見た記憶があるな。
 また間違いは許されないから本人確認に慎重と確実を期さないといけないから(偽造免許証による銀行通称や携帯電話の騙し取りが典型)、やっぱクレジットカード保持者限定(クレジット与信機能のタダ乗り)がいいと思うよ。コストダウンにもなるし、ネットやっている奴らでクレジットカード持ってない奴はほとんどいねぇはずだし。

 まっ、小倉先生の案で誹謗中傷罵倒皮肉嫌味当て擦りをするDQNが減って世の中が良くなるなら、いくらでも応援するよ。

匿名法律屋

>(2) (海外匿名)プロクシ経由のアクセスは,完全トレーシングが困難なので,サイト管理者やレンタルサーバ会社の自主規制に委ねる(現状維持)。

 このボトルネック(2)が、小倉先生御提唱の共通ID制度でシステム的(法律or技術)に解決されたら素晴らしいことだと思います。その際は、このブログでご発表いただければと思います。パブコメでの御多幸をお祈りします。

小倉(コクラ)秀夫です

>IPアドレスをもとに発信者を追跡する方式だと、匿名プロクシを利用されたり第三者の無線LANを踏み台にされたりした場合には、警察が本腰を入れてくれない限り、法を犯さなければ被告=発信者を特定できない
 
小倉先生>
それはそのとおりで間違いないと思いますよ。ウチの学校のサイバー法担当の弁護士講師も同じことを言ってました。
だから僕の技術的解決策では
○匿名プロクシは2ちゃんねるのようなシステムで弾く
○構内LANのただ乗りは判明したごとに個別アクセス禁止で対応する
で処理することになります。
法律や政府の対応は僕にはほとんどわからないので、小倉先生頑張ってください。応援します。

森

>多額の費用をかけても民事じゃだめっですよー。
 それなら余計に新たな制度・システムを導入する必要がありますね。

>共通ID方式導入の必要性を補強して頂いたようです。
 その通りです。

小倉(コクラ)秀夫です

>民事を含むことを前提としている小倉案に対して刑事を前提とした解決策を提案すること自体的外れですね。
 
ヒドイ誤解か曲解じゃないかな。
18の僕が読んでも、「多額の費用をかけても民事じゃだめっですよー。捜査の国際的協力態勢ができつつある強制権限もってる刑事じゃなきゃできないですよー。」とみんな書いているだけで、「(民間の業者じゃ無理だから)警察にご相談になるのが良いでしょう。あるいは、警察にどう相談すればよいかを、最寄の弁護士さんに相談されるのが現実的と思います。」と言っている弁天小僧先生を除けば誰も怪傑策の提案なんかしてないじゃん。
トレーシングの基本を少しでもかじれば、構内無線LANのただ乗りや海外匿名プロクシサーバを経由されれば、技術的なトレーシングはそこで終わり。仙人モード(注)じゃなきゃできない(爆。それが民間業者ができるかのような前提で業者募集かけるのはいかがかなーということだよ。
もちろん調査員を海外に派遣してプロクシサーバのログを買い取るというローテク調査が可能かもしれないけど(ログが残っていたらだけどね)、そんなのにどれだけ手間隙と経費がかかるか想像すればわかるし、ログの入手が「確実」じゃないから、小倉先生の募集条件を満たさないわけだよね。
 
森君にはほとほと困った。僕ももう君を相手にしないからレス付けないで。付けても無視するから。

(注)仙人モード:仙人が仙術を使ってオールマイティの権限を行使するモードつまり不存在モード(別名「アリエネーモード」)w

Hideo_Ogura

 共通ID方式を導入せずに、IPアドレスをもとに発信者を追跡する方式だと、匿名プロクシを利用されたり第三者の無線LANを踏み台にされたりした場合には、警察が本腰を入れてくれない限り、法を犯さなければ被告=発信者を特定できないというのでは、現実の被害救済という点では非常に困りますね。
 いろいろお手間をおかけしましたが、共通ID方式導入の必要性を補強して頂いたようです。

森

>民事と刑事をゴチャにするとは、他人を批判するならもっと勉強してください。
 だったら、民事を含むことを前提としている小倉案に対して刑事を前提とした解決策を提案すること自体的外れですね。プロバイダ責任制限法に対する改正案のエントリを読めば、弁護士さんなら民事を含むことを前提としているということに気付けないわけがないと思います。

 切り捨てが流行っているようですが、これからもコメントさせて頂きますね。

匿名法律屋

> そもそも、VUPstarさんの一連のコメントは矛盾しているということにお気づきではないのでしょうか?
 
それは誤読ですよ。IPのトレーシングは、民事的な処理が前提の民間のシステムでは不可能。警察が刑事手続きで本腰を入れれば可能と切り分けて言っているだけだから。そんなの当然の前提でわざわざ説明するまでもない。民事と刑事をゴチャにするとは、他人を批判するならもっと勉強してください。

> これを言いがかりと呼ばずに何と呼べばいいのでしょう?
 
君のこのコメント自体が誤読に基づく言いがかりだよ。あきれた。
私も皆さんに習って君を切り捨てることにする。

VUPstar

>他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、違法な情報発信者をIPアドレスから確実に追跡して下さる業者がいらっしゃるようでしたら、そこに調査業務を発注することも検討させて頂きますので、ご教示頂ければ幸いです。
 
俺は専門外でセミナーで一度きいただけだけど、民間業者が勝手にやったら電気通信事業法違反(通信履歴の秘密探知とか漏洩とかその教唆犯とかそんな罪だった記憶)じゃね?
あの警察だって裁判所の令状で通信履歴をぶんどってくるんだから、民間が令状や裁判所の命令なくしてやったら違法だろうさ。
つまり「確実」はあり得ないし、あり得たら通信の秘密を侵す人権侵害だよ。それを依頼した弁護士や依頼者は、発注というそそのかしの罪になるんじゃね?

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.