« 富田メモの利用と民主主義 | Accueil | ID&パスワードの強化 »

mercredi 26 juillet 2006

Commentaires

FRG

>追跡可能性が高い方が良いのか悪いのかは思想の問題ですから
 
ああ、それだけですか!納得しました。
これまでの疑問が全て氷解しました。
 
>その発言を誰が行ったかについての追跡可能性が高い方が良いと思っている人に対して
 
小倉先生だけでなくみんなそう思ってますよ。特にネット犯罪を鎮圧して明るいネット社会の構築を願っているセキュリティ技術者や先生が大嫌いな警察検察は。
高いほうがいいから、だから常連様が異口同音に「どこが高いか教えてください」と先生のご高説を待ち望んでいたのです。
 
>「その提案する所によればその発言を誰が行ったかについての追跡可能性が高いから技術的に問題だ」という批判をいくら繰り返しても意味がないですね。
 
そんな批判はどなたも一言も言っていません。
先生の信じられない誤読か曲解以外に説明がつきません。
それより「そんなことは誰も言っていません」「そんなことを口にしたのは小倉先生が初めてです」というコメントが連続して付くのはなぜでしょうか(私の根源的な疑問)?
 
>匿名さんは、いつでも普通の人にもなれるし、技術者にもなれるし、法律屋にもなれますからね。
 
専門分野の偽装すらできない終始誤読王馬脚露呈者(本来的日本語理解重度障害者)という憐憫の情に耐えない方々もこのブログにいらっしゃるので、そこまで言っては誤読王さんたちが余りにかわいそうです。

サスケット

>匿名さんは、いつでも普通の人にもなれるし、技術者にもなれるし、法律屋にもなれますからね。

そうそう、心の翼を広げれば、いつも君はヒーローさ、みたいな(笑)

サスケット

>追跡可能性が高いから技術的に問題だ

いや、現時点ではそんなことは言ってないですよ。
それは未読王ですよ(笑<流行なのか)
 
 
社会的になんどか問題になった事柄に対して目を向けないで安易な考えに流れている考えかたが問題だ。
 
 
 
といっています。
追跡可能性が高いから問題になりうる。低ければ本来不要だった問題。高くするから考えないと。そういってマスナ。
 
 
 
>むしろ、匿名の陰に隠れてでないと発言できない方々ではない方々に対して、匿名の陰に隠れて他人を誹謗中傷したり他人に嫌がらせを繰り返しても法的・社会的な責任を取らなくて済むシステム

そんなものいらないと思いますけど?(笑)
小倉さんはほしいんですか?

私は無駄なことはし(たく)ないし、他人に求めない主義ですが、小倉さんはそういう不親切なことをされるのはやめたほうがよいね。

Hideo_Ogura

匿名さんは、いつでも普通の人にもなれるし、技術者にもなれるし、法律屋にもなれますからね。

Hideo_Ogura

 その発言を誰が行ったかについての追跡可能性が高い方が良いのか悪いのかは思想の問題ですから、その発言を誰が行ったかについての追跡可能性が高い方が良いと思っている人に対して、「その提案する所によればその発言を誰が行ったかについての追跡可能性が高いから技術的に問題だ」という批判をいくら繰り返しても意味がないですね。そういうことでいくら粘着しても私が説得されることはないですから。

 むしろ、匿名の陰に隠れてでないと発言できない方々ではない方々に対して、匿名の陰に隠れて他人を誹謗中傷したり他人に嫌がらせを繰り返しても法的・社会的な責任を取らなくて済むシステムを維持し続けることの重要性を説いた方が良いのではないですか(でも、ここのコメント欄ではやらないで下さいね。)。

サスケット

>ID・パスワードによる個人認証を否定されるとネットは使い物にならないのでは?

そう。
ここが落とし穴。

あえて言い回しをまねればこうなります。



【ID・パスワードによる個人認証を行うから問題です。】


個人認証をしてしまうので、「ソレ」が「誰」かわかってしまうことが問題です。
しかし小倉さんは、「ソレ」が「誰」かわからないとまずいという。まあ、そうでしょう。その書き込みをした人が誰かわからないと責任を負わせられない。そう、そのとおり。
 
 
 
故に。
プライバシーだの何だのの問題をまず、認識しないことが問題点です。そこに問題があることを認識しないで安易に共通IDで個人特定することが問題。

安易に「個人認証すれば追跡できます」だ か ら 使えない。

GUIDだからこそ、その問題点の解決策に言及しないといけない。していないから使えない。
  
伝わっていけない情報を遮断する意識が、共通IDだとか固定IDだとかGUIDだとかを使う場合、当然レベルで考えてある程度はクリアしなければ い け な い のに、考えてないことが問題。まあ、そういうことですよ。
当然レベルの要求をクリアできないのでは、ソレこそ「使い物にならない」
 
 
*GUID
http://e-words.jp/w/GUID.html
GUIDを取得してインターネット上での特定の人物の行動を識別し、ネットマーケティングに応用する試みもあったが、アメリカなどで消費者団体の激しい抗議にあい、現在では行なわれていない。
 
 
前に行ったとおり、すでにわかっている特異でない普遍的な問題は当たり前以前で考慮しておくべき類のものということです。
まあ、ぼかあ、そういうことを解決できる技術はどうやるんですかとは聞きませんし、その必要も本来ないはず(そりゃあ、考えてて当然レベルの話なので)なのですが、以前そういうことを聞かれているときに「ドーデモイイ」的回答があった。それは問題点としてみなければ。とゆーこと。

FR

 技術屋さんは、技術的間違い書く人や出鱈目誤読さんに容赦がないなぁ(苦笑
 では出自が文系人間の私から。私も共通ID制度の根本的疑問として。
 小倉式共通ID制度は、技術的な問題に限らず制度全体から見たとしても
>「発信者の追跡方法としての精度が高い」とは、(1)追跡方法のどの部分が(2)何に対して(3)どのような精度が(4)どの程度、高いのですか? 

佩里(ハイリ)

>キーロガー対策を共通IDシステムにも組み入れればよいだけの話です。…(中略)…。それは、共通IDを発行する事業会社において工夫したらよい話です。
 
まぁ、こういう小倉先生が書いた文章を、判る人(認証やトレースバックを知っている人)が読めば、そして、普通の人で普通の頭を持っている人なら、コクラ君の具体的な指摘を読めば、

>「小倉さんはトレーサビリティを根本的に誤解しているのでそういう話ができるわけがない」というのが根拠です。
 
ということになるでしょう。
 
技術分野の議論は、言葉の誤魔化しやレトリックが使えないシビアな世界なので、知ったかぶりやハッタリがすぐばれる怖さの塊の世界です。誤読や曲解以前にですが(笑。

1+1は常に2なので、1+1は3よりも精度が高いとは口が裂けても言えない世界なんですけどね。

>まさか。「精度が高い」というのは「認証方式の精度」のことではありませんよ。
 
それを言ったら小倉先生は、共通ID制度におけるトレース精度はIPアドレスのトレースバックの精度より高い、という「有り得ねー証明」をしなければならない立場に追い込んでしまうのに。背中から小倉先生を打ち抜いてもせんないことです。
 
>小倉さんに対して「ID/PASS方式は精度向上に対して有効である」という証明を求めている?
 
誰も言ってないことを勝手に妄想するにしても限度がありますよ。小倉先生が共通ID制度(精度)の弱点をシカトしようとしている足を引っ張らないように。

なるほど、皆様が誤読王たちを次々切り捨てた理由がよく判りました。私は切捨てを超えた謝絶にしよう。

で、小倉先生は、共通ID制度の「発信者の追跡方法としての精度が高い」とは、(1)追跡方法のどの部分が(2)何に対して(3)どのような精度が(4)どの程度、高いのですか? 直接先生の口からのご解答を願います。せっかく先生が信念をもって提案された共通ID制度の中核的部分が、誤読王たちに誤読や明後日理論で誤導されて喰い散らかされる前に。

弁天小僧

福田さん、森さん、ご苦労さまです。福田さんも、森さんも、そしてみなさんも、言葉遊びはこの辺でお開きにしましょうよ。
 ひょっとしたら総務省の人も見てるかも知れないけど、見る人が見れば分ると思いますから。

福田

>小倉さんは何か(「工夫」でもなんでもいいですよ)があって「共通ID構想は発信者の追跡方法としての精度が高い」と思ってるわけですよね。

まさか。「精度が高い」というのは「認証方式の精度」のことではありませんよ。そういう根本的な勘違いをしているからピント外れなレスになってしまうのです。

森

 「ID/PASS方式は精度向上に対して有効であるということは自明ではない」と仰りたい?つまり、小倉さんに対して「ID/PASS方式は精度向上に対して有効である」という証明を求めている?

U-me

>結局、工夫がいるのだかいらないのだかわからないご意見ですね。

ご冗談を(笑)。

>ID・パスワード方式での個人認証が使い物になるのならば、その点は、共通ID制度を導入することの当否に関する論点にはならなくなる

またまたご冗談を(大笑)
こういう書き込みを見ると「天然の才能というやつにはかなわないなあ」と本気で思いますね。くやしい…(ビクッ)

さて、笑ってばかりじゃしょうがありません。
小倉さんのためにポイントを確認しておいてあげましょう。

はじまりはこれです
http://benli.typepad.com/annex_jp/2006/07/post_9.html#comment-19935218
> まあ、共通ID構想が粘着君に評判が悪いのは、むしろ、発信者の追跡方法としての精度が高いからなのだろうとは思っていますけど。

この小倉さんの妄想(←この「妄想」の使い方は小倉さんの使い方に基づくものです。参考 http://benli.typepad.com/annex_jp/2006/07/post_5.html#comment-19700641 )が始まりです。これに対して私は根拠となる発言を求めましたがそれはかなわず、また他の人から技術的なツッコミがいくつか入りました。その技術的なツッコミに対する回答がこのエントリという流れです。

小倉さんは何か(「工夫」でもなんでもいいですよ)があって「共通ID構想は発信者の追跡方法としての精度が高い」と思ってるわけですよね。「何か」もないのに「精度が高い」なんていうのはさすがに妄想とか電波の粋を突き抜けた 限 界 突 破 な感じなのでこれは確定とさせていただきます。
で、いくつかのツッコミは「何か(or工夫)」がID&パスワード認証に留まるのなら「精度が高くなる」なんてことはない、と言ってるわけです。そこに工夫がいるいらないという話はありません。

※ちなみに私のツッコミの根拠は別です。根拠の一つは「小倉さんはそんな話をしていない」、もう一つは「小倉さんはトレーサビリティを根本的に誤解しているのでそういう話ができるわけがない」というのが根拠です。

小倉さんが「精度が高い」ことを売りにするなら、「何か」(工夫でもいいですよ)は絶対に必要なわけですよ。いるいらないな話をしてる場合じゃありません。「何か(工夫)」があるのが大前提。その「何か(工夫)」が有効(精度が高くなる)か無効かという話なんですよ。そしてその大事な「何か(工夫)」は小倉さんから具体的に提示されていない。具体的に提示されていないが断片的にわかることはある。そこにつっこんでいる、つっこまれている。

>ID・パスワード方式での個人認証が使い物になるのならば、その点は、共通ID制度を導入することの当否に関する論点にはならなくなる

の部分にしても論点以前の話なんですよ。「論を戦わせるような話を持ってこい!」というレベルで。小倉さんはこの点について当否を議論するようなレベルの提案を持ってこれていません。

また、引用部分を言い換えてみましょう。「ID&パスワード方式の個人認証が使い物になることがある」から「小倉さんの提案においてその点は論点にならない」。おかしいですよね。というかこれはアレだ。前にもあった、小倉さんの全称命題と特称命題の混同。小倉さんの提案に置いて論点にならないとすれば前提は「あらゆるID&パスワード方式は使い物になる」じゃなければいけない。しかしさすがにそれはない(そのくらいは小倉さんにもわかりますよね)。「~ということがある」というレベルの話ならそれぞれ独立に検討していかないといけない。


長くなったから小倉さんにはわからないことが出てきちゃったかな?そういうときは遠慮なく質問してください。一つ一つ解きほぐしていきましょう。

福田

>そんなにまでしてプロクシに拘る理由がわかりません。

プロクシに拘っているのは「アンチ小倉派」の方たちですよ。プロクシを主題にしたエントリがどれくらいあるかお探しになればお分かりになるかと思います。

憑依

>プロクシを使っている人は会社やISP等の環境がそれであったり、自業自得のような変な人のブログに意見をしようとして生IPだと気持ち悪いと思っている人くらいなのではないでしょうか?それこそわざわざ誹謗中傷するためだけにプロクシを使う人って常識的には考えられませんよね。

 私もそう思うわ。構内LANをインターネットに接続するときはファイアーウォールとプロクシは当然のセキュリティだから、会社のLAN経由でインターネットを利用している人はほとんどプロクシ使っているはずだわよね。IPスプーフィングやサーバスキャンによる脆弱性探知を防ぐためIPアドレスホッピング(当然ながら匿名化)も増えてきたし。
 
>福田君
 君に宛てて書いたんじゃないから私に粘着しないでね。レディーwに付きまとうのは失礼だわ。私は、技術的な間違いや誤読を平気で連投されると虫唾が走るの。もう君を相手にする気はないからそのつもりでいて。共通ID提唱者の小倉先生の足を引っ張ったり背中から打ちぬいたり、真面目に議論している皆様の揚げ足とって明後日向いた割り込み投稿したりするのは、はっきり言って無礼千万だわ。

福田

>パスワードなどの「認証」が破られたとき、IPアドレスでログをトレーシングして侵入者を追跡するのが常道だから、発想が本末転倒だわね。

共通IDの「認証」が破られた場合のトレーサビリティの精度は現状と同じということになりますから、破られていない場合に共通IDのトレーサビリティの精度が高い分、共通IDの方がメリットが高いことになります。

>ネット上の被害者だけID情報開示要件を安易に認めたら、大勢のインターネット利用者4000万人以上(個人だけ)が個人情報の安易な侵害に曝される危険に怯える生活を送ることになるわ。

現在の日本では、車輌番号がわかるとその自動車の保有者がわかるシステムを採用していることをご存知ないのですか?
(参考)
http://benli.typepad.com/annex_jp/2006/01/post_5.html

>「適切な最新技術を導入しなきゃ意味ねー」というのはビジネスの基本原則ですもの。新たなメリットがなければ人はお金を出してまで新システムに移行しないものよ。

誰も無理強いはしてませんし(苦笑)。コストの採算が合う範囲内で特定電気通信役務提供者が各自で判断すればいいだけの話です。

>正確無比で最高の個人認証でドンピシャな主張だけど、さすがに莫大な投資が必要で軍事機密じゃ民生用に転換は無理ね。

無理なものを提案されても(苦笑)。ピント外れも甚だしいですね。

>既知のセキュリティソフトを導入すればほとんど対策済みとなるって、VUPstarさんが既に指摘しているわね。

「対策済み」なのであれば問題ないのでは?問題があると言い出したのはそもそも「アンチ小倉派」の側ですから、何を今さら、という話ですね。


平田

>わざわざ危ない橋を渡ってまで匿名の陰に隠れて他人を誹謗中傷したい人たちというのは、常識的には、理解の範囲を超えるように思います。

 そうなんですよね。危ない橋どころかプロクシをわざわざ使ってまで他人を誹謗中傷したい人たちというのもまず居ないと思います。そもそも誹謗中傷した人達の何パーセントがプロクシを使っているかというデータもないくせに、そんなにまでしてプロクシに拘る理由がわかりません。
 プロクシを使っている人は会社やISP等の環境がそれであったり、自業自得のような変な人のブログに意見をしようとして生IPだと気持ち悪いと思っている人くらいなのではないでしょうか?それこそわざわざ誹謗中傷するためだけにプロクシを使う人って常識的には考えられませんよね。
 ということは、プロクシを使って誹謗中傷する人がいたとしても、もともと危ない橋を渡っている人くらいですよね。そういう人は共通IDが導入されても「キーロガーを仕掛けて第三者のID・パスワードを不正取得」したり、「そういう人たちからID・パスワード等を入手」したりする人達なのでプロクシの心配をしても仕方がないということになりますよね?

 つまり、このエントリは、 匿名法律屋さんの

http://benli.typepad.com/annex_jp/2006/07/post_13.html#comment-20080978

を補強しているということができます。

 ということなので、誹謗中傷被害で泣き寝入りしている人達を救うためには共通IDなどの新技術は必要ないという結論になったので、ナントカ制限法改正だけでやることを考えた方が良いでしょうね。どちらにしてもそっちの法改正は必要だと思うので、まず説明すべきはそちらの方じゃないでしょうか、どちらかというと法律系ブログなんだし。たぶん無理でしょうけど(笑)。

憑依

>IPアドレスのトレーシング【より】"共通ID構想が発信者の追跡方法としての精度が高い"とはどの点ですか?

 私も【直接小倉先生にお尋ねしたい】わ。
 パスワードなどの「認証」が破られたとき、IPアドレスでログをトレーシングして侵入者を追跡するのが常道だから、発想が本末転倒だわね。
http://benli.typepad.com/annex_jp/2005/06/post.html
を読んでも首をひねるばかりだし。(技術的間違いはおいておいてもよ)

>匿名法律屋さんから指摘があったとおり、共通IDにでもIPトレーシングでもISP等が管理している個人情報の開示要件を「勝訴できないとはいえない程度」に緩めるのは差別的で違法でないか?

 私も同感です。特定の事件だけ訴訟開始要件を容易にするのは、それなりの立法事実がないと不平等な差別的取扱いになるわ。ネット上の被害者だけID情報開示要件を安易に認めたら、大勢のインターネット利用者4000万人以上(個人だけ)が個人情報の安易な侵害に曝される危険に怯える生活を送ることになるわ。

>折角コストと手間隙かけて新システム導入するなら、カビが生えて手垢が着いたレガシー技術のID&パスワード認証なんか使わないで(既知の脆弱性や問題点をそのまま持ち込んでしうまから新たなメリット-付加価値-がない)、もっと適切な最新技術を導入しなきゃ意味ねーっつうことだよ。

 確かに「付加価値がない」わね。古典的名ID&パスワード認証では追跡能力が向上するわけではないし、「既知の脆弱性や問題点が完全に回避できなければダメだ」なんてことは誤読王さんを除いたら誰も言ってないんで脆弱性を含むのは当然だけど、新たな投資を要求する以上、「適切な最新技術を導入しなきゃ意味ねー」というのはビジネスの基本原則ですもの。新たなメリットがなければ人はお金を出してまで新システムに移行しないものよ。

>どなたも「ID・パスワードによる個人認証を否定」していないですね。

 誤読王さんが相変わらず頓珍漢な誤読しているけど(大爆笑)、誰も使うなと否定していないわね。FRさんが提唱した「未定義ヘッダ領域使用秘匿通信&秘匿擬似パケット挿入によるTCP/IPの変更」という現在NATOが採用している暗号通信は軍事機密で厳重に守られているはずの高度技術だから、正確無比で最高の個人認証でドンピシャな主張だけど、さすがに莫大な投資が必要で軍事機密じゃ民生用に転換は無理ね。

>どのように「共通IDシステムに【も】」組み入れるのでしょうか?

 キーロガー対策かしら?。これは、新生銀行や三菱東京UFJ銀行の導入例などでも、入力段階で対策してそのように認証情報を入力しても、その後に認証情報デジタルデータがクライアントパソコン内を流れるレベルで、これを横取りするスパイウエアが増えているのは、みんさんご存知よね。だから、キーロガー対策である静脈認証でも乱数カード情報併用の入力でも、入力自体をマウスクリックにしても、ましてタイプキーの画像上の数字なんかを入力するように求めても、明後日向いた「対策」で全く駄目だわ。そうして入力した情報をクライアントパソコン内でデジタルデータのままスパイウエアに抜き取られるから。それを防ぐには最初からマルウエアワームの侵入を防ぐように、既知のセキュリティソフトを導入すればほとんど対策済みとなるって、VUPstarさんが既に指摘しているわね。
 小倉先生ね。悪いことは言わないからコンピュータセキュリティの基本的なことはお調べ直した方がいいわよ。そうでないと誤読王さんたちの頓珍漢な応答に振り回されて将来がおありになる先生のためにならないわ。

福田

>IPアドレスのトレーシング【より】"共通ID構想が発信者の追跡方法としての精度が高い"とはどの点ですか?

一年以上も前の以下のエントリで既に小倉さんは説明なさっています。
http://benli.typepad.com/annex_jp/2005/06/post.html

反論するなら一通り過去ログに目を通しておいた方が無難ですよ(ピント外れの反論や既に説明済みのものを何度も問うなどというやり方をしていると単に消耗戦に持ち込みたいのかなと思ってしまいますからね)。

>匿名法律屋さんから指摘があったとおり、共通IDにでもIPトレーシングでもISP等が管理している個人情報の開示要件を「勝訴できないとはいえない程度」に緩めるのは差別的で違法でないか?

違法でないでしょう。訴える側は匿名で訴えられる側は実名で、というわけでもあるまいし、双方が実名で裁判を行う以上は何ら公平性に反することではないでしょう。

>折角コストと手間隙かけて新システム導入するなら、カビが生えて手垢が着いたレガシー技術のID&パスワード認証なんか使わないで(既知の脆弱性や問題点をそのまま持ち込んでしうまから新たなメリット-付加価値-がない)、もっと適切な最新技術を導入しなきゃ意味ねーっつうことだよ。

「付加価値がない」なんてことはないでしょう。トレーサビリティの精度が現行よりも高くなるわけですから。それに「既知の脆弱性や問題点が完全に回避できなければダメだ」などというロジックは「抜け道を完全にふさぐまでは、とりあえずできることもせずに手を拱いて見ている」メソッドに他なりませんからね。まあ「適切な最新技術を導入しなきゃ意味ねー」などとおっしゃるのであれば、是非適切な最新技術とやらをご教示願いたいものです(トレーサビリティの精度を小倉さんの構想よりも下回るものはナシですよ)。

>どなたも「ID・パスワードによる個人認証を否定」していないですね。

ご冗談を。否定しているから「未定義ヘッダ領域使用秘匿通信&秘匿擬似パケット挿入によるTCP/IPの変更」などというピント外れな主張が出てくるわけでしょう。まあ否定していないと言い張るのは構いませんが、そうであれば「未定義ヘッダ領域使用秘匿通信&秘匿擬似パケット挿入によるTCP/IPの変更」などという主張がいかにピント外れであったかが明白になるだけの話です。

>どのように「共通IDシステムに【も】」組み入れるのでしょうか?

エントリくらいちゃんと読みましょうね。新生銀行や三菱東京UFJ銀行の導入例などを小倉さんはお書きになっていますよ。

小倉(コクラ)秀夫です

>ID・パスワードによる個人認証を否定されるとネットは使い物にならないのでは?
 
僕もここ1週間近くの過去ログみましたけど、切り捨てられた誤読王さんたちの頓珍漢は別として、どなたも「ID・パスワードによる個人認証を否定」していないですね。
このエントリタイトルに書いてあるフレーズは小倉さんの口から初めて出たものです。お疑いの方があれば過去ログをチェックしてみてください。
 
>キーロガー対策を共通IDシステムにも組み入れればよいだけの話です。
 
小倉先生はどのように「共通IDシステムに【も】」組み入れればよいと思っているのですか?
マルウエア対策ソフトは個々のソフトごとに組み入れるものではなく、例えて言えばOSや通信ソケットベースにバンドルするもので、共通IDとは無関係に行うものなのですが。どのように「共通IDシステムに【も】」組み入れるのでしょうか?

VUPstar

おっと夜勤明けで頭がぼけてる誤字訂正します。小倉先生に迷惑をかけてすいません。
http://benli.typepad.com/annex_jp/2006/07/post_18.html#comment-20182684
(α)IPアドレスのトレーシング【が】"共通ID構想が発信者の追跡方法としての精度が高い"とはどの点ですか?
               V
               V訂正
               V
(α)IPアドレスのトレーシング【より】"共通ID構想が発信者の追跡方法としての精度が高い"とはどの点ですか?

VUPstar

>ID・パスワード方式での個人認証が使い物になるのならば、その点は、共通ID制度を導入することの当否に関する論点にはならなくなると言うことで
 
それも違うな。
折角コストと手間隙かけて新システム導入するなら、カビが生えて手垢が着いたレガシー技術のID&パスワード認証なんか使わないで(既知の脆弱性や問題点をそのまま持ち込んでしうまから新たなメリット-付加価値-がない)、もっと適切な最新技術を導入しなきゃ意味ねーっつうことだよ。

VUPstar

>結局、工夫がいるのだかいらないのだかわからないご意見ですね。

セキュリティソフトの基本を知っていればそんな"工夫がいるのだかいらないのだかわからない"なんてご意見が出るはずないですよ。下記サイト参照。
http://www.mcafee.com/japan/mcafee/home/
http://www.trendmicro.com/jp/products/enterprise.htm
http://www.ipa.go.jp/security/index.html
http://www.cyberpolice.go.jp/purpose.html

VUPstar

ところで提唱者(唯一発言者)の小倉先生しか答えられないことだけど

(α)IPアドレスのトレーシングが"共通ID構想が発信者の追跡方法としての精度が高い"とはどの点ですか?
(β)匿名法律屋さんから指摘があったとおり、共通IDにでもIPトレーシングでもISP等が管理している個人情報の開示要件を「勝訴できないとはいえない程度」に緩めるのは差別的で違法でないか?
http://benli.typepad.com/annex_jp/2006/07/post_13.html#comment-20158707
(γ)共通IDを採用すると、無料でお金を払ってもいないサイトなのに、共通IDが採用されたブログ~ホムペ~BBS~にアクセスするたびに、一々共通IDとパスワードの入力を求められ、これらを一々入力する手間隙が嫌われて、共通IDを採用したサイトから採用しないサイトへ顧客が逃げ出して経営危機となる危険性が高いが、それでいいか?
# 無料サイトなのに認証を導入するとガタっとページビューが落ちてページビューに比例する広告料収入もガタっと落ちるんですよ。危険なクッキー使って認証情報を自動入力してもそれほど改善されないし、クッキー経由の認証情報流出は怖いし。

森

 それとも、「共通IDがあればアクセスログは不要なのだ!!」と小倉さんが仰った、ということでしょうか?

 個人的にはあまり記憶がないのですが…。どうでしょうか?>小倉さん

Hideo_Ogura

ID・パスワード方式での個人認証が使い物になるのならば、その点は、共通ID制度を導入することの当否に関する論点にはならなくなると言うことで、それはそれでよいことです。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.