« 紅白歌合戦 in 2005を振り返る。 | Accueil | ポピュリズムに蝕まれるフランス »

lundi 02 janvier 2006

Commentaires

匿名呆曹

 実名だろうがコテハンだろうが投稿者Aがコメントをすると、弁護士系ブログ、裁判官系ブログ、法学者系ブログ、評論家系ブログ、その他系ブログを問わず、たいていそのコメントをめぐってフレーミングが起こるとします。
 その原因は、ある論者が強行に主張するように、「臆病系匿名の卑怯者達がスクラムを組んで数を頼りに組織的に反論している」のではないでしょう。そのような集団が随時反論に結集すると推測する根拠がどこにもないし、あまりに非常識な憶測を超えた邪推だからです。
 むしろ、投稿者Aの当該コメントにおける論点ズラシや人を不快にさせる○○系言葉遣い、再批判をシカトする不誠実さ、その他「投稿者Aの人格や性格という個人的属性」に基づく不快な表現形態について、多数の読者が批判的になるからだと推認するのが、自然かつ合理的で我々の経験則や論理法則に合致するとみるのが普通です。
 だからこそ前記論者のような方は、様々な建前理論や欺瞞的手法を使ってまで「個人的属性に基づく批判をやっきになって禁圧しようとする」と判定するのが自我防衛の人間心理として自然です。
 以上の問題は、実名だろうが匿名(コテハンが典型)だろうが全く関係なく、ただただ論者の人格や性格という個人的属性のみに起因するものですから、これを匿名が原因とする理論は、巧妙な論理のすり替えと見ていいでしょう。
(参考)同じ卵も切りよで四角・言葉も言いよで角が立つ

平田

というか、貴方は自分の属性に既に気付いていたんですね。と言う他に何も言うことはないですね。

匿名呆曹

 実名投稿者は、社会的信用や肩書きの権威付けが容易であり(読者もそれを容認ないし積極的に肯定している)その便益を享受する以上、それと同等の悪い世評や属性から来る批判を感受すべきなのは当然でしょう。
 「利益の存するところに不利益も存する」という衡平法上の当然の原則です。
 実名や肩書の権威付けは享受しますが、実名の属性から来る批判を(あげつらって)禁止します!・・・なんてのは、「あまりに自分勝手な独善系欺瞞だから早く気付いてもらいたい」と言われても仕方ないでしょう。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.