« Open Source Revolution! | Accueil | 江島さんと平野さんの公刊書簡より »

samedi 13 mai 2006

Commentaires

U-me

その違和感は小倉さんのものですので大事にしてくださってかまわないんですが、いちいち表明するほどのものではない、それだけのことですよ。
世の中の人は別にそうしたからといって「相手のコメント欄に書き込むことすらできない臆病者」なんて思ったりしませんから。(トラックバックとばさないブログはチキンだと思われやすいと思います)

というか小倉さんのような方こそはトラックバック中心でやるべきだと思うんですけどね。自分のサイトにプロフィールをきちんとおいておいて、どこのだれだかわからないOguraHideo or Hideo_Ogura or 小倉秀夫ではなくて東京弁護士会所属の小倉秀夫弁護士(もしくは中央大学講師でしょうか)であることを簡単にわかるようにしておくようにするのがふだんの小倉さんの主張に沿った行動だと思うのですが。

というわけではてなの方にもちゃんとプロフィールおいておきましょうよ。

平田

あっ、あと滝本弁護士に対しても。
思い出すともっといっぱいありそうだ(涙)

平田

>自分のブログのエントリーを立ち上げてそれだけというのは、それはそれでちょっと違和感がありますので。

その違和感のあることをモトケンさんや愛・蔵太氏に対してやっていたのは何処の何方でしたでしょうか?

Hideo_Ogura

 木村さんのブログにコメント欄が設置されていれば、ふぉーりん・あとにーさんのブログの該当エントリーを紹介するコメントを投稿するだけで済んだだろうなという簡単な話なのですが。
 自分のブログのエントリーを立ち上げてそれだけというのは、それはそれでちょっと違和感がありますので。

忙中閑人

 小倉先生の出張放火先での連投は、私も「粘着」や「執拗なつきまとい」だと思います。
 一部の同業者の中では既に問題視する声も出始めていますし。

irose

> コメント欄が設置されていれば
 こういうことを「たられば」で話してもとりとめないんですが、
木村氏がコメントを開放いたとしたら、まあ木村氏なら反論できるコメントにはキッチリ反論するだろうし、小倉氏もその反論を全面的に受け入れるハズがないからまたコメントするでしょ?
 それって、『自分にとって相いれない考えに、投稿や書き込みを繰り返す人(々)』そのもの、『粘着』そのものになっちゃいますが・・

忙中閑人

>私の忠告をお聴きいただき、「私はこういう風に考えない人は××だと思います」(××には愚か者とか卑怯とか臆病者とか低レベルとか、が入ります)という言い方をしなくなったことは評価いたします。
 
私も同感です。ですが検察批判が嵩じて検察OB弁護士ブロガーまで十把ひとからげに当て擦りするようになったのはいただけません。
 
それよりも先生の共通ID構想や先生のIT知識に対する疑問や質問には「沈黙を決め込んでいる」のは誠意が感じられないと思いますよ。ヤメ検でない同業者として。

U-me

> 本当はこの程度の話は、木村さんのブログにコメント欄が設置されていればコメント欄に投稿すればいいレベルの話で、わざわざ独立したエントリーを立ち上げるような話ではないのですが

なんかエントリーを立ち上げることを相当に特別なことと思ってるようですね。
挨拶程度の内容でエントリ立ち上げてトラックバック飛ばしあう人たちも結構いるというのに。
まあ小倉さんがそういう自分のルールでやってる、という話ならいいのですが小倉さんの上記のようなスタンスは必ずしも一般的というわけではない(ブログというかトラックバックの使い方にはいくつかの“文化圏”が存在します)ということを知識として頭のどこかに置いておいて下さい。

>早く共通IDシステムが採用されて、特定の粘着君だけをはねるようにできるようになれば

小倉さんが今まで提案してきた内容だとこんなことは他人のサイトでは永遠に出来ないんですが、いつの間にこんな夢のような話まで?自分のサイトであっても、小倉さんは複数の共通IDを持つことを認めなくもない発言もしているのでそういう場合には特定の粘着君だけはねるようにするのは難しいですよ。結局複数の共通IDを容認する場合は“はじく”ということに関しては現状とかわらないわけですけど、まあ現状でできる防御策でも十分有効ではありますけどね。

P.S.
沈黙を決め込むと言えばhttp://benli.typepad.com/annex_jp/2006/03/post_12.html のエントリで、実際に行われた裁判を眺めてのコメントがないのが私なんかは気になりますね。ああいう方々に擁護的なことを書いてしまったというのはどんな気持ちなのでしょうか。

平田

 私の忠告をお聴きいただき、「私はこういう風に考えない人は××だと思います」(××には愚か者とか卑怯とか臆病者とか低レベルとか、が入ります)という言い方をしなくなったことは評価いたします。
 早く共通IDシステムが採用されて、「私はこういう風に考えない人は××だと思います」というような言い方しか出来ない人でも、正当な反論コメントだけをはねるようにできるようになれば、フランス語のtypekeyなどという不便なコメント欄を使用する必要などなくなるのになあと思う次第です。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.