« 急ぎの電話取材なら午後5時前に! | Accueil | ロシアにおける日本に関する陰謀論 »

samedi 22 juillet 2006

Commentaires

森

>組織犯罪の解明と単独犯の検挙を乱暴に比較して矛盾しているというのは誤読曲解の典型例か、そうでなければ案件分析能力が極めて稚拙な例。
 それらを同列に扱っているかのようにコメントしたのはVUPstarシニアマネージャ殿ですね。


 そもそも、VUPstarさんの一連のコメントは矛盾しているということにお気づきではないのでしょうか?

VUPstar「先進諸国の警察は、加害匿名プロクシ使おうが、無線LANのただ乗り使おうが、犯人を検挙しているわけで。」
 で現行のIPアドレス追跡方式の有効性を示唆しておいて、
Hideo_Ogura「他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、違法な情報発信者をIPアドレスから確実に追跡して下さる業者がいらっしゃるようでしたら、そこに調査業務を発注することも検討させて頂きますので、ご教示頂ければ幸いです。」
 でIPアドレス追跡方式の有効性に対して疑問を投げかけられると、
VUPstar「他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、違法な情報発信者をID認証システムで確実に追跡して下さるシステムをご存知でいらっしゃるようでしたら、小倉先生のパブコメの補強になるので、ご教示頂ければ幸いです。」
 で「他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、」「確実に追跡」出来ないと仰っていることにお気づきではないのでしょうか?

 これを言いがかりと呼ばずに何と呼べばいいのでしょう?

Hideo_Ogura

なるほど、警察に相談に行けば、匿名プロキシサーバを提供しているフィリピンやらメキシコやらの業者からIPアドレスの開示を受けてくれたり、踏み台にされている無線LANの設置者のところに行って過去に遡ってアクセスログの保存をしてくれたりするのですね>弁天小僧さん

弁天小僧さんのところで書籍を出版している五右衛門先生のところで相談すれば、警察にそのような措置を促す方法がわかるのですか?

森

>ヤフオクとかってどうなんでしょうか?
の部分だけ見事に切り捨てられも困ります。

弁天小僧

> 確実に追跡して下さる業者がいらっしゃるようでしたら

警察にご相談になるのが良いでしょう。あるいは、警察にどう相談すればよいかを、最寄の弁護士さんに相談されるのが現実的と思います。

VUPstar

>だから先進諸国の警察は、加害匿名プロクシ使おうが、無線LANのただ乗り使おうが、犯人を検挙しているわけで。

 単純に海外匿名プロクシ使うだけの厨房や無線LANのただ乗りのサイバーギャングの単独は、たいていこの類だよ。

>アルカイダやメディシティンカルテルが、匿名プロクシの多段経由やウエッブメールの転送繰り返しで秘匿通信行って、それをCIAやFBIが膨大な資金とマンパワーそれに強制権限と盗聴まで行って、解明まで半年以上かかっているよ。

 なにせ、組織犯罪で数十人規模の連絡で、メアドだけで1000近く転送繰り返している。組織犯罪の解明と単独犯の検挙を乱暴に比較して矛盾しているというのは誤読曲解の典型例か、そうでなければ案件分析能力が極めて稚拙な例。
 森君はもう切り捨てよう。非生産的で時間の無駄だ。

森

>だから先進諸国の警察は、加害匿名プロクシ使おうが、無線LANのただ乗り使おうが、犯人を検挙しているわけで。
>アルカイダやメディシティンカルテルが、匿名プロクシの多段経由やウエッブメールの転送繰り返しで秘匿通信行って、それをCIAやFBIが膨大な資金とマンパワーそれに強制権限と盗聴まで行って、解明まで半年以上かかっているよ。
 上記2文が矛盾しているように思えるのは誤読でしょうか?

 まぁともかく、
>他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、違法な情報発信者をID認証システムで確実に追跡して下さるシステムをご存知でいらっしゃるようでしたら、小倉先生のパブコメの補強になるので、ご教示頂ければ幸いです。
 ヤフオクとかってどうなんでしょうか?

VUPstar

あのですね。アルカイダやメディシティンカルテルが、匿名プロクシの多段経由やウエッブメールの転送繰り返しで秘匿通信行って、それをCIAやFBIが膨大な資金とマンパワーそれに強制権限と盗聴まで行って、解明まで半年以上かかっているよ。
 
 俺もみんなに尋ねて見よう。
 
 他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、違法な情報発信者をID認証システムで確実に追跡して下さるシステムをご存知でいらっしゃるようでしたら、小倉先生のパブコメの補強になるので、ご教示頂ければ幸いです。実際に実現するか否かは、見積金額を頂いた上で個々の積算の妥当性を検討しなければいけませんが、相当のコストを支払えば技術者が頑張ればできるはずと小倉先生がおっしゃったことがあるので。

Hideo_Ogura

 他人の無線LANを踏み台にしようとも、海外の匿名プロクシを利用しようとも、違法な情報発信者をIPアドレスから確実に追跡して下さる業者がいらっしゃるようでしたら、そこに調査業務を発注することも検討させて頂きますので、ご教示頂ければ幸いです。実際に発注するか否かは、見積金額を頂いた上で個々の依頼者の了解を得なければいけませんが、相当のコストを支払っても、匿名の卑怯者さんたちによる執拗な誹謗中傷や悪質なデマの流布をやめさせたいという方は結構いらっしゃるので。

VUPstar

あの、ひょっとしてなんですが、失礼ですが小倉先生ね。
ID認証が完璧ならIPアドレスやMACアドレスのトレーシングなんか不要だって知ってました?
ID認証が破られたとき侵入者を追跡するためIPアドレスのトレーシングが始まるわけですよ。
そして完璧なID認証なんて、一部の生体認証を除くと民生用では存在しないこともご存知ですか?
IPアドレスのトレーシングが完全でないからID認証制度の導入というのは、そのですね、本末転倒なんです。認証は虚偽でもIPアドレスの完全偽装はスーパーハッカーを別としたらほとんど不可能なんです。だから先進諸国の警察は、加害匿名プロクシ使おうが、無線LANのただ乗り使おうが、犯人を検挙しているわけで。
ID認証制度をハテナでもタイプキーもヤフオクでも全部共通すれば、問題は全て解決なんてことありえないんですが、おわかりですか?

VUPstar

>現時点でTypeKeyのような技術が実装されているのにIDの共通化ができないと言われてもあまり説得力はないですね。
 
そんなこと誰も言ってないよ。言ったのは小倉先生が初めてだよ。
 
>まあ、それは技術者としては恥ずかしい話なので「匿名でなければ語れないこと」になってくるのでしょうけど。
 
それは前提が違うね。だいたい弁護士先生がそんな侮蔑的表現を使うのは人権擁護を使命とする職業上よろしくないと思うぞ。そんな兆発に乗るほど俺は若くないからいいけど(苦笑。
 
>私の理解では、海外からアクセスしようと、匿名プロクシを経由しようと、他人の無線LANを踏み台にしようと、他人のTypeKeyIDを勝手に流用することはできないということなので、その種の認証技術を用いることは現時点でもそう難しくはないと思うのですが
 
そんな「成りすまし」のことを俺が言ってんじゃないよ。人の意見はよく読んでごらん。
 
>(ということも何回か言ったような気はするのですが、消耗戦でしか勝ち目がない方々は何度でも同じことを繰り返しそうな気がします。)。
 
自分で人の意見を誤読(曲解?)しておいて"消耗戦"の付箋を張るのは止めた方がいいよ。

それより、"IPアドレス追跡方式よりも確実な本人確認システム"はどういう構成か教えてくださいよ。できるというなら。

Hideo_Ogura

 現時点でTypeKeyのような技術が実装されているのにIDの共通化ができないと言われてもあまり説得力はないですね。まあ、それは技術者としては恥ずかしい話なので「匿名でなければ語れないこと」になってくるのでしょうけど。
 私の理解では、海外からアクセスしようと、匿名プロクシを経由しようと、他人の無線LANを踏み台にしようと、他人のTypeKeyIDを勝手に流用することはできないということなので、その種の認証技術を用いることは現時点でもそう難しくはないと思うのですが(ということも何回か言ったような気はするのですが、消耗戦でしか勝ち目がない方々は何度でも同じことを繰り返しそうな気がします。)。

VUPstar

>加害者がどこの誰であるのかをADRの運営者が知りうるシステムが必要となるわけで、そういう意味では、IPアドレス追跡方式よりも確実な本人確認システムが必要となるということです。
 
 俺もそんな画期的な民生用の確実な本人確認システムがあれば知りたい。
 小倉先生どうやるんですか?教えてください。
 必要だけどヤリ方知らね、じゃ洒落にもならないんで。
 俺が知っている範囲では、レーザサテライトMCA通信の認証か、USA核攻撃コードの相互認証しかないと思うよ。

VUPstar

 ザックリ過去ログ読んだ俺の感想では
《1》技術的適合性:FRさんは、当初の小倉先生の案に基づき、プロクシ経由でもIDを強制できるようにするため、共通IDの一律強制の技術的可能性を追及して、TCP/IPヘッダ未定義領域利用の暗号通信方法に行き付きフェイドアウト(多分費用が莫大と思ったと違うか、それとも企業秘密かトレードシークレットに引っかかっては発表できなくなったか)
《2》法対応適合性:匿名法律屋さんは、小倉先生が法的責任をISPとかに負わせることに加えて共通IDの採用を任意性に変更したから、法的対応のみの可能性を追及して、共通ID不要論に至った(ただし、プロクシ経由の抜け道は、プロクシ弾きのシステム対応を提唱)
という感じ。
 
 俺は現行の技術水準や実現可能性から《2》を押すね。《1》は技術屋冥利につきるが違法コンテンツ抑止のための統一背番号なんて、TCP/IPの改訂が受け付けないないと思うよ。インテルのCPUチップのシリアル番号送信システムは、世界中の国際世論の袋叩きにあって挫折して先例があるから。プロクシは俺もいろいろ考えたけど、小倉先生には申し訳ないけど、TCP/IPのプロトコルによる現行のインターネットシステムを前提とすれば、実現可能性からいえば弾くしかないと思うよ。
 
PS:俺は今、モナコ公国からテレコムイタリア(旧イタリアテレフォニカ)の公衆無線LAN(これも一種のプロキシだよ)アクセスでインターネットに接続してんだけど、こういう場合はどこの通信事業者なりコンテンツ管理人が投稿者に代わって責任負うんだろうね。

匿名法律屋

>加害者がどこの誰であるのかをADRの運営者が知りうるシステムが必要となるわけで、そういう意味では、IPアドレス追跡方式よりも確実な本人確認システムが必要となるということです。
 
 名誉毀損の投稿者の住所氏名を開示しない場合は通信事業者やサイト管理者が損害賠償責任を負うというのが小倉先生の御説ですよね。またニートなどの無産者の場合も同様とするというアイデアがあったかと思います。それなら、ADRなどで投稿者の住所氏名が解明できない海外匿名プロクシの場合も、通信事業者やサイト管理者の不真正連帯責任を問うようにすれば、いいのではありませんか。そうすれば通信事業者やサイト管理者は損害賠償を負わされるのを避けるため、こぞって海外匿名プロクシを弾くシステムに変更しますから(このシステム変更はteacupが実装していることから明らかなようにアクセス規制の一種ですから思いの外簡単なはずです)。
 わざわざ、共通ID制度という新たに金のかかるシステムを導入してまで、海外匿名プロクシ経由からの投稿を保護(許容)することはないでしょう。海外匿名プロクシ経由の投稿者は、投稿が必要ならプロクシを外せばいいので、こう考えても投稿者の表現の自由の制約は部分的なものに限られます。それとも小倉先生は、共通IDを導入してまで、「海外匿名プロクシ経由の匿名表現の自由」を保護すべきだとお考えですか?

PS:もう一つ最前線にかませたプロクシを外しておきますね。

匿名法律屋

>自分のみを安全な場所に置いたお気楽な誹謗中傷ライフを楽しみたい方は海外の匿名プロクシ経由で誹謗中傷を行えばよいだけですから、この点についての対策を講じるべきことは明らかです。
 
 その点は満腔の賛成です。そこで、その対策の提案は、海外匿名プロクシを経由した投稿を排除(リジェクト)する事前規制が合理的かつ最も安価で(実用化されている)一般サイト管理者も容易に受け入れられます。
 これ以外にありますか? 海外匿名プロクシの陰に隠れた「臆病系卑怯者」の投稿を許容して害悪を拡散した後に、損害賠償のお金を回収できるかどうか不明な海外サイトに対する各種訴訟で(不法行為の国際裁判管轄権はご指摘のとおり不法行為地ー日本ーなんですね。勉強になりました。)という「おっとり刀の事後規制」で、はたしていいんでしょうか?それは泣き寝入りだけでなく「費用倒れの損害を負担する大泣き」を増やしませんか?
 
PS:もう一つプロクシを外しておきます。実演のためですのであしからずご了承ください。

サスケット

>やっぱり、サスケットさんは消耗戦の持ち込むためにわざと曲解されているのですか?確かに、本業も副業もそれなりに忙しいので、消耗戦では私は不利なんですが。

トンでもない。それどころか確認ですよ?
何時だろうと投稿できる小倉さんと違って、私も本業が忙しいので夜にしかだめなんですよ。時間どころか単純投稿数で言っても小倉さん以下の私に消耗戦なんて不利です、そんなことをされては小倉さんの勝利でしょう(笑)

#まあ、投稿数で必死さだの何だのを決めるのもナンセンスですが(苦笑)
 
 
 
大体ですね?
大体、私は常に断言などしておらず確認を取っていますよ。常に間違っているのならどこがどうか指摘くださいと。森さんを切り捨てたときのように(笑)
 
 
わかりやすく噛み砕きますか。
 
現状の法律だか判例だかの下で「日本法が適用される」という説明があった上で、しかし現状維持だと【匿名法律屋さんは何をやっても安泰そうですね。】といわれる。
ここまでは事実。小倉さんの発言したまま。

しかしここに矛盾があるため(現状維持なら日本法が適用できるのに、なんだか匿名の犯罪者は安泰だという)、

ならば。

ならば、この矛盾点を埋めるものとしては、【海外に新しい日本法(共通IDだかなんだか)を適用する】という、日本法適用&not現状維持ということなのだろうと予測。
 
 
その予測が正しいとすれば、先に挙げている疑問点が再度かかってくると言うこと。
予測が違うのなら行ってくださいね、小倉さんはきっと相手に余計な手間を取らせずどこが違うのか教えてくれるはずですよね?(笑)
 
 
>この点についての対策を講じるべきことは明らかです。

私の疑問点は、この、講じなければいけない対策に、「新しいものを日本が付け加えた」時に、ソレを怠った責任を向けられるのかという疑問です。
つまり、
現状でも海外に情報請求ができるということ=「対策を講じていると判断してもよい」「野放しではない、ログとっている」と判断されはしないか?
ということが疑問点なのですよ。
 
匿名プロクシ使っているなら、IPアドレスのログを取っていない海外匿名プロクシサーバに責任の目が向くだけの話ではないのか?
共通IDを海外サーバに押し付けるより前に、現状維持の日本法適用を匿名プロクシサーバ管理者に押し付けてしまっても別にいいのではないかと思うのですが?
 
 
わかりますか?
(1)ちゃんとログを提出してくれる&日本が独自に導入した共通IDを採用していない海外サーバ
(2)ログを提出しない匿名プロクシサーバ

(2)を無視して、(1)に共通IDなどの【対策を講じるべき】責任を押し付けるまでのことが可能なのか?ということです。

もちろん、小倉さんが想定している謎ドリー夢技術であれば、(1)が共通IDを持っていれば【開示請求する側が楽】なのは確かなのですが、
請求者側が楽したいという理由で(2)を無視して、海外の(1)の責任まで問えるか?ということでもあります。
 
#とりあえず日本国内はそういう法律が決まったんだと仮定してムシ
 
 
 
私が抱いているのはそういう疑問です。
 
 
 
#ふう、ここまで噛み砕けば、消耗戦だといわれまい(笑)<常時殲滅線の人


匿名法律屋

 なお,teacupの掲示板が荒れることが少ないのは、掲示板管理人の判断で、(A)プロクシ経由の投稿を全面禁止したり、(B)特定の荒らしのIPアドレス(リモホ)のアクセスを禁止したり、(C)投稿者のIPアドレスを常に表示する、という設定が無料で出来るからです。
 これらを援用すれば、わざわざ海外からの投稿に無力な「共通ID」という費用がかかる制度を新たに導入する必要性はありません。
 それとも小倉先生は、海外匿名プロクシに隠れた「匿名の臆病系卑怯者の投稿を100%保証せよ!」というお考えなんですか? 私は海外匿名プロクシを経由した違法コンテンツ(名誉毀損、著作権法違反、犯罪教唆幇助見解)をアップする不埒な者は、さっさと投稿(アップ)禁止にする事前規制の方が有効だと思いますが、いかがですか。

匿名法律屋

>IPアドレス追跡方式よりも確実な本人確認システムが必要となるということです。
 
 それは海外匿名プロクシを多段でかませた場合、2ちゃんねるのように(●を使用しない場合)匿名プロクシ排除しかありません。共通IDを全ての国が採用しない限り(FRさんでしたか、未定義ヘッダ領域使用秘匿通信&秘匿擬似パケット挿入によるTCP/IPの変更を提案されていました)、相当なコストをかけた共通IDでは排除が不可能です。それよりもローコストで済む匿名プロクシのリジェクションの採用をサイト管理者等に委ねるのが合理的です。
 匿名プロクシ経由に隠れた投稿者の荒らしに悩むサイト管理者は、たいてい匿名プロクシ経由の投稿をリジェクトしています。なお、ページビューは違法コンテンツアップ問題に関係ないので許容したままで閲覧は世界のどこからも可能となります。
 匿名のプロクシ経由に隠れた投稿を排除すれば何ら問題はありません。そのような者の投稿をわざわざ全部許容して害悪を拡散させる方がどうかしています。なお、匿名プロクシ経由の全面投稿禁止でも出張放火常習犯の部分的投稿禁止でも足りるものです。損害賠償の事後的制裁よりもサイト管理者の任意な事前規制の方が害悪の拡散が少ないのは自明の理でしょう。

匿名法律屋

>「(2) (海外匿名)プロクシ経由のアクセスは,完全トレーシングが困難なので,サイト管理者やレンタルサーバ会社の自主規制に委ねる(現状維持)。」ということだと、フィリピン経由?の匿名法律屋さんは何をやっても安泰そうですね。
 
 はい少しだけ正解です。最前線のフィリピンのプロクシを外してみます。一皮むけましたので、今は最前線がこの国経由?です。このように多段プロクシを使うと、複数国への訴訟が必要となり、多段訴訟?が必要となり、素人考えでも費用倒れが予想されます。だから上記(2)としたわけです。
 師匠が「事実や現実は最高の説得である。事実や現実に人は反論(否定)できないからである。」を身を持って実践したわけです。ご了承ください。

Hideo_Ogura

やっぱり、サスケットさんは消耗戦の持ち込むためにわざと曲解されているのですか?確かに、本業も副業もそれなりに忙しいので、消耗戦では私は不利なんですが。

日本国法の適用があり、かつ日本に国際裁判管轄があるとしても、具体的に加害者がどこの誰であるのかが被害者にわからなければ、被害者は加害者に対し訴訟を提起することが現実にはできないわけですし、海外の匿名プロクシを利用した誹謗中傷が野放しにされる場合は、自分のみを安全な場所に置いたお気楽な誹謗中傷ライフを楽しみたい方は海外の匿名プロクシ経由で誹謗中傷を行えばよいだけですから、この点についての対策を講じるべきことは明らかです。

なお、ネット上での誹謗中傷等を射程範囲に置いたADRを用意することには賛成するのですが、ただ、そのADRが有効に機能するためには、ADRで賠償が命じられたときに、これに従わなかった加害者を追及するシステムが必要であり、したがって少なくとも加害者がどこの誰であるのかをADRの運営者が知りうるシステムが必要となるわけで、そういう意味では、IPアドレス追跡方式よりも確実な本人確認システムが必要となるということです。

サスケット

>「(2) (海外匿名)プロクシ経由のアクセスは,完全トレーシングが困難なので,サイト管理者やレンタルサーバ会社の自主規制に委ねる(現状維持)。」ということだと、フィリピン経由?の匿名法律屋さんは何をやっても安泰そうですね。


あれ?
小倉さんが、【不法行為(名誉毀損)に基づく損害賠償請求については、サーバがどこにあろうとも、日本国内における名誉が既存される場合には日本法が適用されるし、】といったんじゃないですか。
矛盾していませんか?
 
 
まあ、現状維持=日本法を適用させてももらえるのはIPアドレスくらいでしょうから、
現状維持への否定の回答として【フィリピンのサーバに共通ID取得をしなかった責任を負わせさせる日本法を適用することで解決する】ということであれば矛盾はないのですが、そこまで押し付けられるものなのですか、と。
 
 
ちなみに私が何度か出している疑問点が【フィリピンのサーバに共通ID取得をしなかった責任を負わせられるのか】だったのですが結局不明のままだったので判断がつかない。
 
 
 
>「総務省の研究会に、被害救済の意識がまったく見受けられなかったのは残念である」ので、私はパブコメを提出したということです。

ええ。
だから。
だからこそ共通ID(救済手段)の件に関しての問題点を総務省に言う(パブコメ出す)のはお門違いだということなんですよ。
ご理解いただけましたか?
 
 
>名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟等が成り立ちそうもない場合には匿名性は維持されるのです。

なるほど。
そのあたりの匿名性――もっと広い意味で、使っていただきたいのですが、プライバシーやらなにやらもきちんと守られる手段を目指すということですか?

具体的に言うと、小倉さんはその[プライバシーやらなにやら]を常に軽視しておられるので、そこを反省しているのなら、間違ったものを推奨する危険性が減るだろうと思うのですよ。
 
 
#つまり問題点を問題点として認識していないと、技術的知識あるなしとかそういうのは無関係に、確実に考慮すべきことを考慮しないということになるため、共通IDの中身が不明確でも間違いと断言することができた。
 
 
そりゃあ、やっぱりね。自分が批判されたからなんて興味で相手のプライバシー探れるなんて問題ですよね?訴訟等が成り立たないようなときに知る必要はないですよね?反省していますよね?その点は。

平田

>「(2) (海外匿名)プロクシ経由のアクセスは,(中略)(現状維持)。」ということだと、フィリピン経由?の匿名法律屋さんは何をやっても安泰そうですね。

こういう言い方をするから自業自得だとか言われるんですよ(哀笑)。

私には匿名法律屋さんの意見の詳細について言及する知識は無いけど、(2)についてだけしかこういう嫌味を言えないということは共通IDのメリットというのはプロクシ経由のアクセスくらいしかないということを認める発言であるように思えてくるのですが、そんなことはないでしょうか?
 できうるならば、匿名法律屋さんの試論というのと共通IDとを比べて(2)以外についても、こういうメリットがあるということを皮肉無しで言及してほしいものです。出来ないような気がするのですが。

Hideo_Ogura

「(2) (海外匿名)プロクシ経由のアクセスは,完全トレーシングが困難なので,サイト管理者やレンタルサーバ会社の自主規制に委ねる(現状維持)。」ということだと、フィリピン経由?の匿名法律屋さんは何をやっても安泰そうですね。

 弁天小僧さんは何か勘違いされているようですけど、私の提案でも、名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟等が成り立ちそうもない場合には匿名性は維持されるのです。また、壇先生も仰っているとおり(http://danblog.cocolog-nifty.com/index/2006/07/post_9722.html)、「総務省の研究会に、被害救済の意識がまったく見受けられなかったのは残念である」ので、私はパブコメを提出したということです。

匿名法律屋

>私に粘着している人の唱える「デメリット」なるものが、既に現在提供されているサービスに関する「デメリット」と比べて特徴的なものではないですから、「メリット」があるのに断念しなければならない理由としては弱いですね。
 
 それでは「できることからこつこつと」という言葉に甘えて、専門外ですが【私の試論】をご提案させていただきます。
 

(1) 企業内ないし家庭内無線LANは電波法施行規則を改正してMACアドレスフィルタリングとパスワードを義務付ける(無線LAN機器の技術適合性基準の改正で足りる)。
(2) (海外匿名)プロクシ経由のアクセスは,完全トレーシングが困難なので,サイト管理者やレンタルサーバ会社の自主規制に委ねる(現状維持)。
(3) サイト管理者は,名誉毀損等の違法コンテンツ(投稿を含む)に対する削除要求がなされて相当な期間内に削除した場合は免責されるが,相当な期間内に削除しなかった場合には,投稿者の損害賠償債務について不真正連帯債務を負う(注:この制度は共通IDを不可欠としない民事実体法の創設に過ぎない。)。
(4) 故意又は重過失によりパスワード等の第三者使用(成りすまし等)を行わせるに至った者は,当該第三者の名誉毀損等の損害賠償債務について不真正連帯債務を負う(前同)。
(5) 通信事業者やサーバ管理会社又は個人(国内プロクシサーバ提供者を含む)には,1年間(将来は3年間)はトレーシングに必要な限度でアクセスログの保存を義務付ける(注:この制度は共通IDの採否と関係なくトレーシングに不可欠である)。
(6) ネット名誉毀損等は低額手続費用・簡易裁定という公益ADR,又は簡裁の支払命令・低額訴訟類似の簡裁における簡易開示仮処分制度を創設する。訴訟マニアによる濫用が危惧されるので,濫訴の簡易却下も規定する(共通ID制度の採否とは関係のない民事訴訟手続制度の創設である)。
(7) 国民葬背番号制に類似する共通ID制度の創設導入は,個人情報の一元管理や名寄せによるプライバシーの侵害が大きい上に,上記(1)~(6)よりもはるかに高コスト構造(共通ID認証会社の創設維持管理費用並びにサイトの共通ID認証システムの導入維持管理費用)となるのに,(2)のみしかメリットがないので採用しない。なお,上記(1)と(4)~(6)には共通ID制度の導入は不要である。

サスケット

>私に粘着している人の唱える「デメリット」なるものが、既に現在提供されているサービスに関する「デメリット」と比べて特徴的なものではないですから、「メリット」があるのに断念しなければならない理由としては弱いですね。

まあ、私はその粘着している人の定義から外れた行動をとっているので(笑)私のことではないであろうからこういう言い方もちょっとずれてきますが(笑)、


共通IDを使って小倉さんの目的達成しようとしたときの、プライバシーだか個人情報だか、ソレ系のデメリットは特徴的でないよく見る問題点ですよ。
ほら、クッキーの問題だって、なにもそこまでというくらいめちゃめちゃ騒がれていましたから。
特徴的でないと弱いって言うのはよくわからない。

何度も話題の対象になるような「特徴的でない」問題だから、なおのこと当たり前に(強く)考慮しなければいけないデメリットではないかと思いますが?反省されたのではないのですか?
 
 
 
>それが私の提案に対する正当な批判であると胸を張って言えるのなら、パブコメで出せば良かったわけですし。

パブコメで小倉さん個人の意見に反対してどーするんですか(苦笑)
弁天小僧さんも述べていますが……

http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060630_11.html
>真に問題となっている匿名性の原因が何であるかを把握し、技術的、経済的な対応可能性や実効性、匿名での表現の自由、通信の秘密との関係等を十分に考慮に入れつつ、必要に応じて可能な対応を検討することが考えられる。

>技術的、経済的な対応可能性や実効性、匿名での表現の自由、通信の秘密との関係等を十分に考慮に入れつつ

>匿名での表現の自由、通信の秘密との関係等を十分に考慮に入れつつ
 
 
ならば普通は【考慮に入っているはず】なので、考慮に入れないのはまずいんじゃないですかという指摘をしていたわけですよ。小倉さん。
考慮に入れるよう指示しているパブコメに、「考慮に入れてください」なんて指摘、的外れでしょ?でしょ?

小倉さんが考慮に入れていないという点は、いつもこちらや町村さんのとこあたりで私が指摘した内容への回答からもわかっているので。
 
 
 

>という意見を堂々と述べたらいいのではないでしょうか?

小倉さんは町村さんに言われても変わらず未読王ですなぁ(笑)
私やほかの人も含めて、そんな発言が出た記憶がないんですが、だとしたらそんなことをいった人間をばっさり切り捨てるのは手伝えますから、どこの誰がそんな発言をしたのか示してもらいたいところです。
でないと反省も何もできないと思いますよ。

当然、

>ブログ主やポジティブコメンテーターさんたちに無駄な手間暇をかけることを要求したりするネガティブコメンテーターさんたちって、結局のところ、単にブログ主に嫌がらせがしたいんだろうなあと一応推定したりはします。

私に嫌がらせをしているわけではない小倉さんなら、教えてくれると思いますけれども(苦笑)
無駄な手間をかけさせず、きっちり悪いところを指摘してあげてください(笑)

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.