« インターネットの法と慣習 | Accueil | 東京に核ミサイルが落とされたのでは意味がない »

mardi 18 juillet 2006

Commentaires

VUPstar

>>>ネットバンキングでも3次元生体認証を採用すべきです!!
>>どうやって採用すんだ?
> 知りません。
 
君が何も知らないままネット上の古いデータをコピペや受け売りして自説を展開しているのは最初から判っていたよ(苦笑。

>何らかの対策が必要で、例えば生体認証とかどうでしょうかということを仰っていることと等価であるということに気付かないのでしょうか。それとも敢えて無視しているのでしょうか。
 
何らかの対策が必要=生体認証が等価になるわけないじゃん。
コストパーフォーマンス考えたら、ネットワーク上の認証に生体認証は不可だ!と珍しく本当のことを君がこのエントリで高飛車に連呼したをもう忘れたのか?同一レポート内で堂々と二律背反の矛盾を書ける神経が理解できない。
 
生体認証は究極の認証だが唯一の認証ではないよ。君が自分で引用したIBMのリポートをもう一回読みなおしてごらん。そこに書いてあるから。この部分だけは陳腐化してねーよ。

FR

>匿名の陰に隠れた誹謗中傷ライフを満喫している方にはマイナスが大きいかもしれないのですが、そうでない普通の方々にはプラスの方が大きいので
 
普通の方々には、(A)どのようなプラス内容が(B)どれくらい大きくなるか、これをご教授いただければ幸いです。
 
私の理解では、小倉式共通ID制度の導入を通信会社やサーバ管理会社の「任意」としても、
(1) 共通ID認証システムのサーバ等への導入・利用コスト
(2) 共通ID管理システム会社の管理・運営コスト
が、コストアップの二大巨頭であり、これを超える利益享受(メリット)があるか疑問が残ります。
なお、小倉式共通ID制度は、採否を通信会社等の任意に委ねるということであれば、クライアントパソコンも必要性に応じて任意に自腹でやるでしょうから、以前申し上げた「クライアントパソコンへの共通IDシステムのインストールコストの膨大性見解」(私見)は、当てはまらなくなったので撤回させていただきます。ご了承ください。

森

>>ネットバンキングでも3次元生体認証を採用すべきです!!
>どうやって採用すんだ?
 知りません。

 だって、ラストワンマイルというマンマシン認証はネットバンキングシステムでも基本でしょ?掲示板などからの情報発信に比べて犯罪性が高そうなネットバンキングでもラストワンマイル問題を解決する必要があるでしょ?で、ID/PASSWORD方式だとそれは解決できないんでしょ?ということはネットバンキングだろうとオークションサイトだろうと通信販売だろうとラストワンマイル問題が無視できない程度発生し、何らかの対策が必要で、例えば生体認証とかどうでしょうかということを仰っていることと等価であるということに気付かないのでしょうか。それとも敢えて無視しているのでしょうか。

 法的・技術的に本人確認の精度を向上させるということは引き続き重要な課題になるだろうとは思いますし、本来仰りたいことはそういうことかなと想像できないわけではありません。が、だからと言って「共通ID構想はラストワンマイル問題があるので何とかしろ」と繰り返し主張されることには意味があるとは思えませんよ。

弁天小僧

小倉さん、冷静にコメント欄を見てください。

 このブログにコメントしている人達は、「100%でなければやるだけ無駄だから何もせずに放置する」と言っているのではなくて、「こういう手段を講ずればより100%に近づける」のかを考えながら、発言しているのではないでしょうか。
 だからこそ、「お前の提案では100%にならないからそのまま放置すべき」と言っているのではなく、小倉さんの構想を真剣に検討して、技術面、コスト面、運用面での問題点なり疑問点なりを指摘しているのではないでしょうか。
 また、考える時には、デメリットにも目を向けて欲しい。そして、メリットとデメリットのバランスを考察していただくと、より説得力のある構想になると言っているのではないでしようか。

 ぜひ、ご再考されることを望みます。

Hideo_Ogura

匿名の陰に隠れた誹謗中傷ライフを満喫している方にはマイナスが大きいかもしれないのですが、そうでない普通の方々にはプラスの方が大きいので、トラップをかけた気に勝手になられてもお気の毒にとしかいいようがありません。

私の提唱する共通ID制度が採用された場合、共通IDを用いたコメントのみを受け付ける機能を有するブログサービスを利用するか否かをブログ主が選択できるわけですので、匿名コメンテーターさんから粘着的な誹謗中傷を受けたいというチャレンジングな方以外は、「日本の国際裁判管轄が及ばないことを奇貨として、共通IDシステムを採用しないことを売りにする業者」のサービスを利用する必要がありません。まあ、強いていえば、海外に在住する外国の方からのコメントを期待する場合には考えなければいけないかもしれませんが、少なくとも日本語が用いられているブログについていえばそういうことを必要とするブログはあまりなさそうです。

電子掲示板についても、匿名性を保障することによって利用者に誹謗中傷ライフを満喫させることを保障することによって広告収入を得るというビジネスモデルは成り立ちにくくなりますので、実際には相当の効果が期待できます。

まあ、効果があるのがわかっているから、ネガティブさんがこんなに必死なんでしょうね。

サスケット

>「お前の提案では100%にならないからそのまま放置すべき」というご意見は結構無意味です。
 
 
何ゆえわざわざトラップを踏みますかΣ( ̄■ ̄)

>ちなみに、ここでやらないよりやったほうがマシという意味で「できる範囲だけでも」という用法を使用していた場合に備えて、
>悪手はやらないほうがマシなのです、というノリ突っ込みが今まで運用されていたわけですが


そういわれることを事前予測して、わざわざ「やるとマイナスになるポイントがあるから否定してたんだよ」とわざわざ載せておいたのに(苦笑)

小倉マスターの言葉を使用して再度言い直すと
「やってプラスではなくマイナスになるからやらないべき」
という私のいつもの意見を今回わざわざ封印していますよと言っているのですが。

ええ、私は100%出ないと否定しているのではなく、プラスがあってもマイナスも大きいという理由で否定しているのです。

なもんで今更【私の意見で多少で(100%は行かなくても)トレース能力は上がります】なんて意見は結構無意味です(笑)

さらにさらに。
至極まじめに冷静にお答えすれば。
むしろそういうことを言うのなら、【現状で追跡は不可能ではないのにIPアドレスでは100%追跡できないからだめだ】なんて小倉さんの意見も(それだけでは)同様に意味がありません(苦笑)
 
それをやるのであれば、手段のよしあしを考慮した上でどっちが上かというところまで考えねばならず、なおのことこのパブコメではIP<IDという計算式が見えないのでまったく不足という別の問題点の指摘が可能となります。

もう少し、鏡を見る努力をしたほうがいい。

Hideo_Ogura

「100%でなければやるだけ無駄だから何もせずに放置する」という考え方は現実社会ではあまり採用されないということです。「こういう手段を講ずればより100%に近づける」という提案なら効果的ですが「お前の提案では100%にならないからそのまま放置すべき」というご意見は結構無意味です。

サスケット

書きかけのテクストをお持ち帰り忘れてしまったのでそれはまた次回持越しでカルクヒト突っ込み。

>インターネットに関する法規制については常に「海外のサーバで同じことがなされたらどうするのだ」とか「海外の業者が同じことをやったらどうするのか」という問題は発生しうるのですが、結局のところ、そういうことを言って様子見をしていたらインターネットが無法地帯になってしまうので、各国(日本を含む)は、国内法を制定して、国内法でできる範囲だけでも必要な規制をしているのです。

ははは。
共通ID閣下に必要な要件を浸透させることを考えている間に問題が発生するので、IPアドレスからの発信者情報の追跡が現状有効策なわけです。
できる範囲で必要な対策をしているのです。
しかしその【できる範囲で】は足りないというのが小倉さんのネタではなかったかと思ったのですが、いつの間に新ネタが?

つ、ま、り。
ここで各国必要な国内法を準備して、さあ海外サーバさまに発信者情報を開示請求して開示してくれても、そこでは小倉ドリー夢たるID&パスワードの追跡ができてないわけで、ついでに海外サーバ様はその追跡するための技術導入の責任がないわけで、その責任を取ってくれるとは限らないと思うんですけれども、それで泣き寝入りするのは問題はないということになんでしょうか。さすがに素人ですゆえ詳しくないんですが、海外サーバ様が共通ID閣下導入してない無責任は日本国法の元で問えるのでせうか?初ミミなネタですが(笑)
 
これでは足りない、ひどいインターネットですね、という至高のネタだったと思ったのですがおかしいな。
いや、「もちろんそこまで海外様にお願いできる」というんならオッサルとおりのご解決振りになるんですがね。
 
 
 
ちなみに、ここでやらないよりやったほうがマシという意味で「できる範囲だけでも」という用法を使用していた場合に備えて、
悪手はやらないほうがマシなのです、というノリ突っ込みが今まで運用されていたわけですが、それはもうネタ的に古い気がするね、二度ネタは美しくないのでここでは略。では続きはまた余裕のある時間にでも。

福田

>海外に置かれたサーバを利用した名誉毀損について日本国法が適用されるかについては

小倉さんと重複してしまいました。失礼しました。

福田

sakimiさん

>1.共通IDが導入されていない外国からの書込みにはどう対応するの?

「共通ID構想等に向けてのプロバイダ責任制限法改正案」
http://benli.typepad.com/annex_jp/2005/12/post_1.html
外国からの書込みであっても、特定電気通信による情報の流通により他人の権利が侵害されたときは、免責事項に該当しない限り当該特定電気通信の用に供される特定電気通信設備を用いる国内の特定電気通信役務提供者が責任を負います。

ちなみに権利侵害が海外に拠点を置くレンタルサーバにて行われた場合、サーバレンタル業者に対する損害賠償請求を行うにあたって日本の法律を適用することができるのかという点に関しては以下のエントリに小倉さんの見解が述べられています。
「海外に拠点を置く事業者と共通ID」
http://benli.typepad.com/annex_jp/2006/04/post_7.html

>2.もしも共通IDが外国でも導入されていた仮定として、各国の法律の差はどのように解決するの?コストに関しても各国で差が大きいよ

前掲の「海外に拠点を置く事業者と共通ID」に記述があるように、「原因タル事実ノ発生シタル地」がどこかを問題にすればいいのではないでしょうか。

VUPstarさん

>どこがピントがずれているんだい?
>ラストワンマイルというマンマシン認証は共通ID制度でも基本だろ!

盗用や転売でもされない限り、IDを本人以外が使用するということはまずないでしょうから、「抜け道を完全にふさぐまでは、とりあえずできることもせずに手を拱いて見ていること」をわが国が国是としているわけではない以上、ポイントがずれていると言わざるを得ないでしょう。

Hideo_Ogura

 インターネットに関する法規制については常に「海外のサーバで同じことがなされたらどうするのだ」とか「海外の業者が同じことをやったらどうするのか」という問題は発生しうるのですが、結局のところ、そういうことを言って様子見をしていたらインターネットが無法地帯になってしまうので、各国(日本を含む)は、国内法を制定して、国内法でできる範囲だけでも必要な規制をしているのです。
(日本でも、著作権侵害や児童ポルノ関係、ネット通販関係で既に必要な規制立法を行っています。)。

 

Hideo_Ogura

 海外に置かれたサーバを利用した名誉毀損について日本国法が適用されるかについてはhttp://benli.typepad.com/annex_jp/2006/04/post_7.htmlを参照してください。
 また、名誉毀損に基づく損害賠償請求の場合、日本国内でも被害が発生しますので、国際裁判管轄は日本にもあるとするのが多数説かと存じます。発信者情報開示請求訴訟については国際裁判管轄を被告の住所地国に限定するのが総務省見解ですが、要件にそって発信者情報を開示することを幇助責任免責の要件としてしまえば、住所地が日本国内にないからといって発信者情報の開示に応じない事業者に対しては日本国内の裁判所で損害賠償請求ができますので、結果的には、サーバが国外にあっても問題はないということになります。

VUPstar

>>ラストワンマイルというマンマシン認証は共通ID制度でも基本だろ!
> ということは…、ネットバンキングでも3次元生体認証を採用すべきです!!
 
森君には聴いてねぇよ。日本語をちゃんと読んでくれ。
 
それから
>ネットバンキングでも3次元生体認証を採用すべきです!!
森君にここだけ質問しよう。
どうやって採用すんだ?
ネットバンキング会社が倒産するよ!
コストパーフォーマンス考えたのか?

VUPstar

>>ラストワンマイルというマンマシン認証は共通ID制度でも基本だろ!
> ということは…、ネットバンキングでも3次元生体認証を採用すべきです!!
 
森君には聴いてねぇよ。日本語をちゃんと読んでくれ。
 
それから
>ネットバンキングでも3次元生体認証を採用すべきです!!
森君にここだけ質問しよう。
どうやって採用すんだ?
ネットバンキング会社が倒産するよ!
コストパーフォーマンス考えたのか?

sakimi

分かり難いので再度訂正

×私はあなたには聞いてません、森さんに聞いているのです。混ぜっ返さないで下さい。
○私はあなたには聞いてません、福田さんに聞いているのです。混ぜっ返さないで下さい。

森

>このサーバーも日本には無い(ログインで日本語が選べないくらいな)ので日本の法律で訴訟が出来るか微妙な部分はあるのだがその辺は無視かね?
 このブログの運用主体は小倉さんにあることが重要で、サーバの設置場所がどこにあるかは重要ではないのではないですかとコメントした辺りは無視ですか?

sakimi

×森さん
○福田さん

ああ
駄目駄目だ

sakimi

森さん
私はあなたには聞いてません、森さんに聞いているのです。混ぜっ返さないで下さい。
脇から何か言いたいならば、小倉先生が過去に発言した物を例として出す程度はしてください。

それ以前の問題として、このサーバーも日本には無い(ログインで日本語が選べないくらいな)ので日本の法律で訴訟が出来るか微妙な部分はあるのだがその辺は無視かね?

森

>ラストワンマイルというマンマシン認証は共通ID制度でも基本だろ!
 ということは…、ネットバンキングでも3次元生体認証を採用すべきです!!

VUPstar

>「アンチ小倉派」からすれば、他に有効な反論ポイントが見つからないため、「ラストワンマイル問題」などとピントがずれた話
 
俺が福田君に質問する。
どこがピントがずれているんだい?
ラストワンマイルというマンマシン認証は共通ID制度でも基本だろ!

森

>1.共通IDが導入されていない外国からの書込みにはどう対応するの?
 サービス単位で認証するので、「どこからの書込みなのか」ということは重要ではなくなるでしょう。

 逆に国外で運用しているサービスには適用できないということは大きな穴になるでしょうけど、現状と比べたら幾らかはマシにはなるとは思います。どの程度マシになるかの分析/判断は色々あるでしょうけど。
 じゃぁ今度はサービスが(Tax Heavenのように)規制のゆるい国に移転するのではないかということも心配になりますが、あるサービスが国内とみなされるのか国外とみなされるかはサーバの所在地ではなく運用主体の所在地で決まりそうな気がするので、サービス運用主体の安易な国外流出もあまり起こらないかなと思います。が、まぁこの辺りも判断が難しいところかも知れません。

 2.については、国をまたいだ名誉毀損はどういう扱いになるのかということにも関わってくると思いますが、その辺りは先生方にお聞きしたいところです。

>>FRさん
>念のために修文します。
 ああー、大変失礼いたしました。

sakimi

>>そうではなく、特定のサービスを利用する時のみID/PASSが要求されるというようなものを想定すればいいと思いますよ。typepadのIDのように。

>その通りです。もう何度も小倉さんがご説明なさっている話ですよね(「アンチ小倉派」からすれば、ブログ主に何度も同じ説明をさせることで消耗戦に持ち込もうという算段なのでしょう)。

じゃあ小倉先生ではなく君に聞こう
何度も出ているから簡単に答えは書けるよね
1.共通IDが導入されていない外国からの書込みにはどう対応するの?
2.もしも共通IDが外国でも導入されていた仮定として、各国の法律の差はどのように解決するの?
コストに関しても各国で差が大きいよ

回答は君自身の答えでも、小倉先生の過去の発言からの引用でもいいよ
ただ、1.を答える前に2.に答えるのは前提条件の無視なのでやらないでください

FR

念のために修文します。

私は,ITと法務に精通した弁護士であって共通ID構想の発案者である小倉先生のご意見がうかがいたいのであって、森君の意見や福田君の意見は不要です。黙殺しますのであしからず。

福田

>そうではなく、特定のサービスを利用する時のみID/PASSが要求されるというようなものを想定すればいいと思いますよ。typepadのIDのように。

その通りです。もう何度も小倉さんがご説明なさっている話ですよね(「アンチ小倉派」からすれば、ブログ主に何度も同じ説明をさせることで消耗戦に持ち込もうという算段なのでしょう)。

>詐欺罪を想定して本人確認を義務付けているネットオークションサイトでさえ「ラストワンマイル問題」を許容しているわけですが、その現状にかなり問題があるという提言であれば興味深いところですが、「ラストワンマイル問題」を理由として共通ID構想は有効ではないという意見が多く聞こえるような気がするのですが、これは被害妄想でしょうか?

「アンチ小倉派」からすれば、他に有効な反論ポイントが見つからないため、「ラストワンマイル問題」などとピントがずれた話や「IPアドレスで十分」などと既に論破され済みの話を何度も何度も持ち出してこざるを得ないのかも知れませんね。

結局「アンチ小倉派」から出てくる反論コメントって既に論破され済みのものばかりですから、それでも尚、粘着的に「(回答済みであるにも関わらず)まだ未回答だ!」などと詰め寄るのは、「単にブログ主に嫌がらせがしたい」というだけのことなのでしょう(そういう嫌がらせをすることに楽しみを見出すような特異な嗜好を持った人たちというのが少数派であるというのがまだ救いですよね)。

森

 なんと、FRさんが「ITと法務に精通した弁護士」さんだったとは。驚きの連続です。
 なお先ほどのコメントはサスケットさんのコメントを引用してコメントし、さらに(蛇足ですが)個人的な感想を述べたまでで、FRさん宛のコメントということではありません。邪魔なコメントだったとしたら申し訳ございません。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.